物を見ることを1日でも休んだらおわりです――磯崎勇(まいづる屋店長)
クロワッサンオンライン
2019.02.11 07:45
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、合羽橋道具街で働く人の声から、ありし日の街の風景を読みとります。 文・澁川祐子 1978年2月号「一万円持って合羽橋へいったら」より 物を見ることを1日でも休んだらおわりです――磯崎勇(まいづる屋店長) 厨房道具や食器を積みあげた店が軒を連ねる、合羽橋道具街。いま…

あわせて読みたい

広い視野で女性が自らのことを考える時、女は知的になる――編集部
クロワッサンオンライン
男の価値観の目安は、その男に女性蔑視があるかないかで決めている――田辺聖子(作家)
クロワッサンオンライン
まず初めにいい物を見ることなんですね――辻清明(陶芸家)
クロワッサンオンライン
じっと皿を眺めて、これにはこんな料理を盛ってやろうなんて考えるんだよ――茂出木心護(「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
物を買うとき、値をみて決めてはいけない――宮城昌康(競馬評論家)
クロワッサンオンライン
ローブひとつ、額ひとつ、花の一本に、あなたのセンスの光ってる暮しってすてきだと思う――犬養智子(エッセイスト)
クロワッサンオンライン
アクセサリーをとり去ってみると、首すじのあたりがもっときれいに――原由美子(スタイリスト)
クロワッサンオンライン
借物の考えなら何も知らない方が強いと思う――横尾忠則(美術家)
クロワッサンオンライン
住む人が「食べること」と「作ること」をどう考えているかで、台所はきまります――編集部
クロワッサンオンライン
雨風にうたれる野草には、その生きてきた過去をあらわすように、葉焼けやら虫食いがあります――小島章見(不老山無量寺住職)
クロワッサンオンライン
安い肉でもワインをふんだんに使って、おいしく煮込むのがフランスのマダムのスペシャリテ――ピエール・フリジャン(シェ・ピエール店主)
クロワッサンオンライン
自分の顔や体型は、もう一人の客観的な自分がいないとわかりません――K・Iさん(高島屋商品研究室)
クロワッサンオンライン
平等は人権の根本に関することであり、無条件に与えられるはずのもの――田中寿美子(評論家)
クロワッサンオンライン
時々、死んだ人々が昨日まで生きていたように懐かしくなる――F・トリュフォー(映画監督)
クロワッサンオンライン