Icon loading md
7783095 full 44ae672f 1cde 41ff 9e07 e3af6f481a88
「奇想の系譜展」が東京都美術館で開幕。若冲から蕭白、国芳までを展覧
美術手帖
2019.02.08 17:00
 美術史家・辻惟雄が1970年(当時辻は37歳)に刊行した『奇想の系譜』(美術出版社)で提示された「奇想の画家」たち。その作品を一堂に並べた展覧会が、東京都美術館の「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」だ。 辻は同書の中で、それまで書籍や展覧会で紹介されたことがなかった自由な発想を持つ日本美術の数々を紹介。当時のアカデミックな美術史の世界では「異端」扱いされていた伊藤若冲をはじめ、岩佐又兵衛、…

あわせて読みたい