Icon loading md
7773020 full 6b96036d 5628 4e9f 8b83 dad8fb64c180
ジューシーな苺が美味しい!旬の苺がまるごと包まれた絶品「いちご大福」
ippin
2019.02.06 21:30
いちごがおいしい季節になりました!この時期が旬の苺スイーツのなかでも、いちごのジューシーさと和菓子の甘さがマッチしたいちご大福は、絶対食べておきたいスイーツのひとつ。
今回は、今の時期にぴったりの、旬のいちごをたっぷり使った「いちご大福」をご紹介します!どこも行列ができる売り切れ必至の人気の「いちご大福」ばかりですが、並ぶ価値ありです。ぜひゲットして食べてみてください!
思わず「おほほっ」と声が出る!つみたて苺を使った「小ざくらや一清」の「おほほっ」
 full e860156b a922 4bac 8f2d 77d8f1474b2d
 full fe56ec3a cdfc 42b1 8725 b0136eb09a26
愛知県中村区に本店がある老舗菓子店「小ざくらや一清」のいちご大福は、その名も「おほほっ」。ひとくち食べれば、思わず「おほほっ」と声に出してしまいそうになるはず。
滋賀県産の羽二重米を使った柔らかな羽二重餅で、愛知県産の「ゆめのか」いちごと白あんを包んでいます。いちごは、いつ食べても甘くて新鮮でジューシー。それは毎朝つみたてのいちごを使っているからなんです。
11月から4月限定商品とのことですので、お見逃しなく!
紹介記事
「おほほっ!」と笑みが溢れる!愛知限定『小ざくらや一清』の“いちご大福”(宮原昌子)
求肥にまるごとごろっと包まれた「一心堂」の定番「いちご大福」
 full 6d43ca1d c374 4797 86c5 adfdc50006e8
 full 2f133a1b 12e1 470b be2f 2ac4cbbd60b4
一心堂のフルーツ大福の定番は「いちご大福」!
しろ餡とあわせているものや、練乳クリームを組み合わせたものあるんです。旬になれば、大粒のものや、いちご大福だけでも沢山種類があるのが魅力です。
ほかにも、みかんやマスクメロンの大福などもあり、ごろっとまるごと果物が入った大福はとにかく贅沢!果物が、やわらかい求肥と餡やクリームに包まれてずっしりとした重量感です。
詰め合わせは籠に入れてくれるので、手土産にもおすすめです。
紹介記事
栗きんとんやクリームチーズなど果物ごとに餡が違う!大阪・一心堂の「フルーツ大福」(越乃リュウ)
いちご大福の元祖!食べ応え抜群「大角玉屋」の「いちご豆大福」
 full 59638fce 5ddf 4ec7 bed2 8eb3437e3faf
東京・曙橋に本店がある大角玉屋の「いちご豆大福」は、「大福にいちごを入れたらおもしろいかも知れない!」という三代目店主が発案しました。それが大ヒットし、いちご大福の元祖となったそうです。
ぎっしり詰まった餡が苺の甘さを引き立てており、食べごたえは抜群!保存料は一切使用してないため、日持ちはしません。その日に作られた新鮮ないちご大福が販売されています。いちご大福が好きでしたら、元祖の味を一度堪能してみてください。
紹介記事
抜群に美味しい!手土産に最適な「いちご大福」(金川文夫)
あまおうを丸ごと包んだ贅沢な逸品!「萬年家」のいちご大福
 full 93e177fd eee6 4cee 9b63 0dfb90412e1a
 full 7587c4d4 924c 479a 9676 7afbecaf8adf
「萬年家」のいちご大福は、白あんと黒あんの2種類。あまおうがまるごと入った、贅沢ないちご大福です。一口では食べられない大きさですが、かじってみると赤いいちごの断面が綺麗に見えるはず。
お洒落なパッケージを見れば、どちらの餡子か一目でわかります。このままお土産に持っていけるのも、嬉しいですね。
売切れてしまうほど人気の大福ですので、お買い求めの際は朝一がおすすめです!
紹介記事
博多あまおういちごを丸ごと包んだ「萬年家」のいちご大福(山口真理)
透けるいちごが上品で美しい。「静花」の「いちごの雫」
 full d4c69b83 1372 4722 b015 b81b65433068
 full ed7a14bc b1af 4422 a6bc c8ab74eca924
世田谷区の上北沢駅近くにある和菓子屋「静花(しずはな)」の「いちごの雫」は、あまおうに、いちごが透けてみえるほど薄い求肥と、薄い餡が巻かれています。この求肥、手で持つと求肥が揺れるほどの薄く柔らかいのです。この薄さだから、食べると大きく甘いあまおうのジューシーさが口のなかに広がります。
開店の10時には、すでに行列ができており、一人20個までの限定商品だそうですので、お買い求めの際は早めに行くのがおすすめです!
紹介記事
オープン前から行列ができる、あまおう苺が入った季節限定の和菓子「いちごの雫」(山田玲子)
ippin編集部

あわせて読みたい