勝負どころの伝え方で意識すべきは「わかりやすい」×「なるほど」
lifehacker
2019.02.01 06:30
『少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ』(深沢真太郎著、大和書房)の著者は、国内唯一の「ビジネス数学エグゼクティブインストラクター」として、「ビジネス数学」の関する多くの書籍を送り出してきた人物。
講師を担当している研修や講演には、これまで延べ7000名以上のビジネスパーソンが参加…

あわせて読みたい

「論理コトバ」を使って学びなおしをすれば、数学についての苦手意識が減っていくかも
lifehacker
判断は「タイミング」が9割? 仕事ができる人のコミュニケーションの習慣
lifehacker
部下をやる気にさせるために必要なこと
lifehacker
大切なのは、まず「前置き」。わかりやすく伝えるために意識したい3つのポイント
lifehacker
仕事のできる人が「ちなみに」を多用しない理由
東洋経済オンライン
「要するに」「簡潔に」を使う人に欠けている視点
東洋経済オンライン
会議の3つの種類。全社員で共有するとコミュニケーションが加速する
lifehacker
まずは要点を明確に。「知的に見せる」伝え方のポイントとは?
lifehacker
減点要因となる「12の超重大ミス」とは? 小論文試験合格のために覚えておきたいこと
lifehacker
飛ばし読みをしてもOK? 「ゼロ秒勉強術」で効率化を実現しよう
lifehacker
脱・時間泥棒!上司・取引先・社内会議…プレゼンの名手に聞く「相手を動かすコツ」
GetNavi web
雪山で遭難した軍隊はなぜ生還できたのか - 世界標準の経営理論
ダイヤモンド・オンライン
リーダーに強さは不要。強いチームを作るには「フォロワー」を共感させること
lifehacker
「世界一訪れたい国」になるために日本がすべきこと
lifehacker