Icon loading md
7739654 full 1640bf46 8309 47eb 84bd a21bac2f63b4
東北エリアで見つけた知る人ぞ知るレアなお土産
ippin
2019.01.30 10:30
寒い冬は特に人気の温泉地として注目が集まる東北エリア。旅行のたのしみといえばお土産選びですが、つい何度訪れても結局は同じものを買ってきてしまうという人も少なくないのでは。今回はそんな人におすすめしたい、東北エリアで知る人ぞ知るちょっとめずらしいお菓子をご紹介します。定番もいいですがたまにはこういった一風変わったものをお土産にして、ぜひ話のタネにしてみてください!
1:【秋田】こだわりの比内地鶏卵を贅沢に使用!『たまごの樹』の「比内地鶏の卵 カステラ」
 full ddbae4aa 0f9d 43d6 8e46 383b764d3040
 full e36c884b c5f4 41f5 b54f 37161a636104
秋田の名産品でもあるこだわりの比内地鶏卵の卵を贅沢に使った、養鶏場直売の「比内地鶏の卵 カステラ」。ヨモギや木酢液などをブレンドした飼料を使って育てたこだわりの比内地鶏卵を使用しています。一切れ口に入れるとなんともいえない上品な卵の香りが口の中に広がり、ほんのりした甘さとふわっとした食感がとっても洗練されています。まさに大人のカステラという表現がぴったりの一品です。

ブランド名:たまごの樹
商品名:比内地鶏の卵 カステラ(お取り寄せ可)
紹介記事
こだわりの卵を贅沢に使った、養鶏場直売の「大人のカステラ」(今清水隆宏)
2:【福島】甘さと塩気が絶妙なバランス!雪国会津エリア自慢のブッセ「会津の天神さま」
 full efa6e57b cc46 4c96 bca4 16f1d8ed5cc1
 full ec294443 672b 4467 a72d 49dbbfc41e36
福島県にも銘菓がたくさんありますが、年が明けて開運祈願や合格祈願の意味を込めたお土産にも重宝する、雪深い会津エリアで人気のお菓子「会津の天神さま」。定番のチーズ味はほんのり甘いブッセ生地に、塩味のきいた極上のチーズクリームをサンド。食べればやさしいブッセの甘さと塩味のバランスにノックアウト寸前。ココアブッセにガナッシュとフレッシュバターを合わせたクリームをサンドした冬季限定の「ちょこの天神さま」もおすすめですよ。

ブランド名:太郎庵
商品名:会津の天神さま チーズ【5個入袋】(お取り寄せ可)
紹介記事
開運・合格祈願!雪国会津のブッセ「会津天神さま」(柳沼愛子)
3:【青森】卵黄あとのせ?素材のよさがしっかり感じられる「あおもり生プリン」
 full cba89c8c 412c 439a a46d 03a3ada23dc1
 full 65637b2e 077b 4b20 a76a f4f9da278fd2
素材そのものが持つおいしさをもっと感じてほしいと考え、生の卵黄をあとのせにして食べてもらうという斬新な発想から生まれた『ナチュール青森』の「あおもり生プリン」。とろける食感のプリンに生の卵黄をのせて、その上から特製塩カラメルソースをかけて混ぜるとそれぞれの素材の旨みが見事に調和し、絶妙なハーモニーを奏でます。これぞ究極の生プリンといっても過言ではありません。

ブランド名:ナチュール青森
商品名:あおもり生プリン4個ギフトセット(お取り寄せ可)
紹介記事
卵黄あとのせ?!とろけるコクが口いっぱいに広がる新感覚プリン「あおもり生プリン」(依田早苗)
4:【青森】ふわとろ食感の虜に!やさしい甘さの「奥入瀬はちみつの優しいかすてら」。
 full 9ee0484e 244b 4038 a3cf 1c8626149fd5
 full eae20b97 11c3 43bf b127 3efdc3f87624
青森県十和田市で知る人ぞ知る手土産といえば『奥入瀬 森のホテル』の「奥入瀬はちみつの優しいかすてら」。クレームブリュレのようなプティングとふわふわなスフレタイプの生カステラの二層構造になっていて、口に入れるとはちみつとバニラビーンズの甘い香りが広がります。材料には奥入瀬の地卵と焼山のアカシアはちみつを贅沢に使い、生クリームは濃厚でコクがあるのにくどくなく、ふわとろな食感でペロリと平らげられてしまいますよ。
紹介記事
青森県十和田市の知る人ぞ知る「奥入瀬はちみつの優しいかすてら」(小針衣里加)
5 :【岩手】世界的な賞も受賞!あの南部せんべいが進化した「チョコ南部PREMIUM Nanbu Tablet」
 full 8f57da60 3d66 4555 bf69 270c5e2a5b75
 full 7c07543c 5ab0 43f7 872a 36cd18d62f3d
続いては岩手を代表する銘菓・南部せんべいに新たな風を吹き込んでいる「チョコ南部PREMIUM Nanbu Tablet」です。2018年11月にイタリアでおこなわれた“インターナショナルチョコレートアワード”世界大会で銅賞も獲得しました。ダークチョコレートのタブレットには、砕いた南部せんべいをトッピングし、おせんべい本来のサクサク感を維持するために5mm以下に刻んでカカオバターに漬け込んでいるのだそう。コーヒーやお茶だけでなくワインにも合うおいしさです。
紹介記事
世界的な品評会で受賞!南部せんべい×チョコの斬新なアイデアNanbuTablet(伊能すみ子)
6:【宮城】和菓子と洋菓子のいいとこどり!食べるだけでホッとする「松華堂きなこサンド」
 full 8c7c8dfc f76e 4337 aaa2 7c88354eb0fb
 full 5a8f43d7 cc75 4d82 b319 f8098f05db82
宮城県松島海岸の観光スポット五大堂の近くに行列をなすレトロモダンな外観の『松華堂菓子店』。通りがかるだけで甘い香りがただようお店の看板メニューは「なつかしくて新しい松華堂カステラ」ですが、今回ご紹介するのは隠れた人気商品「松華堂きなこサンド」。ふんわりとしたダックワーズにきなこバタークリームがサンドされていて、食感も軽くて香ばしくどこか懐かしい味わい。ついもうひとつ!と手がのびてしまうおいしさです。
紹介記事
和菓子でもなく、洋菓子でもない。懐かしさと新しさを併せ持つ「松華堂きなこサンド」(鬼頭郁子)
7:【山形】シンプルなのに奥深い!伝統の技が光る『菓匠 萬菊屋』の「ごま最中」
 full e418fe20 1d3c 4097 958a 576ad3451627
 full a43ceb92 133c 4d27 82ed 8ee8f941d893
シンプルだけど奥深い、こだわりの素材と伝統製法で作られた山形『菓匠 萬菊屋』の人気商品「ごま最中」。最中種には最高級もち米“みやこがね”のみを使用しており、なにより食感のよさが魅力。中に入っている秘伝のごまあんは時間をかけてじっくりと炊き上げられ、最中の皮との相性も抜群。50年以上続く地元で愛されてきた味わいは一度食べてみる価値がありますよ。
紹介記事
一度食べたらクセになる味!50年以上に渡って愛されてきた「ごま最中」(中山洋平)
ippin編集部

あわせて読みたい