やっぱりいいね!「和」な気分で選ぶスイーツギフト
ippin
2019.01.26 10:30
新しい年を迎え、今年初めてお会いする方に用意する手土産は、ちょっとかしこまって和菓子を選んでみるのはいかがでしょうか。シンプルながら上質な素材を厳選し、地元でも愛されている和菓子には、それぞれ長く愛される理由があります。お茶だけではなくコーヒーと合うものや、お酒のおつまみにもなるもの、ヘルシーで世代を超えて楽しめるものもたくさんあります。その中から今回は、すべてお取り寄せ可能な和菓子を集めてみました。
国産の丹波黒豆のみを使用!無添加で上品な味わいの「黒豆菓子」の詰め合わせ
おせち料理の定番でもある黒豆は、厄除け、健康、長寿という願いが込められた縁起物でもあります。そんな黒豆を使った和菓子のアソートなら、お子さんからお年寄りまで、幅広い世代が安心して食べられます。大阪の今里にある和菓子専門店「善祥庵」では、国産の丹波黒豆を使った黒豆菓子が豊富に揃っています。黒豆納豆、黒豆最中、黒豆ぜんざいなど、それぞれが個別包装の食べきりサイズ。上品な甘さで黒豆本来の味わいを大切にしているのもポイント。添加物を使わず、必要最低限の材料のみで丁寧に作られています。

ブランド名:善祥庵
商品名:黒まめ菓子のお詰合せ(お取り寄せ可)
紹介記事
厳選された丹波黒大豆を色々な製法で仕上げた、『善祥庵』の黒まめ菓子(小野孝予)
丹波栗が贅沢に丸々1個!丹波大納言のあんと一緒に味わう「かち栗最中」
自然の恵み豊かな丹波の素材にこだわり、昔ながらの味を守り続ける老舗和菓子店「銘菓の井上」。創業当初から不動の一番人気を誇るのが、丹波栗が丸ごと1個入っている「かち栗最中」です。皮の中には丹波栗と、それを包む丹波大納言小豆のあんがぎっしり詰まっています。丹波大納言小豆は、丹波地方を中心に古くから栽培されている高級品種の小豆で、皮が薄く大粒なのが特徴です。この「かち栗最中」は、第17回全国菓子博覧会金賞の受賞歴もあり、時代を超えて愛されています。濃い目の緑茶や珈琲との相性もよく、素材の良さを噛み締めながらゆっくり味わいたい和菓子です。

ブランド名:かち栗最中本舗 井上
商品名:かち栗最中 【6個入り】(お取り寄せ)
紹介記事
丹波栗がまるまる一個入った元祖栗最中!『かち栗最中』(依田早苗)
一度食べ始めるとなかなか手が止まらない?!サクサク香ばしい「W焙煎はじけ黒」
続いてご紹介するのも黒豆のお菓子です。いたってシンプルな素焼きのお豆ですが、とても香りがよく黒豆本来の旨みがダイレクトに味わえることに加え、全く固くないので、お子さんからお年寄りまでサクサク食べて楽しめるヘルシーなお菓子なのです。使っている黒豆は、岡山産の「丹波種黒大豆」。これを丁寧にダブル焙煎することで、とても香ばしい香りに仕上がっています。子気味良い食感と香りの良さが、素朴で飽きのこない味わいです。

ブランド名:倉敷天領大黒
商品名:W焙煎はじけ黒(素焼き)レギュラーパック【40g】(お取り寄せ可)
紹介記事
「福は内!」素焼き黒豆で、新春の福を呼び込む(今清水隆宏)
ありそうでなかなかない!しっとりモチモチ米粉のどら焼き「岡山もん」
JR岡山駅から徒歩約10分の場所に昨年12月にオープンした「イオンモール岡山」内にある「おばあちゃんの台所」は、岡山県内の地元産品を発信するアンテナショップです。こちらで取り扱っている「岡山もん 岩本さんちの米粉どら焼き」は、生地に小麦粉ではなく米粉を使っているのが特徴です。お米を作っているのは、岡山市西大寺・上道で合計36ヘクタールの田を耕す「一生懸命農園」の岩本さん。あんの小豆も岡山県産備中小豆を使用し、岡山産にこだわって作られています。米粉ならではのしっとりもちもちとした食感は、どら焼きの甘くて重いイメージを覆してくれます。

ブランド名:おばあちゃんの台所
商品名:岡山もん 岩本さん家の米粉どら焼き 【8個入り】(お取り寄せ可)
紹介記事
新感覚!米のつぶつぶ感がおいしいモチモチの岡山の米粉どら焼(はんつ遠藤)
お餅よりもあんよりも桜の葉が主役!重なる味わいと香りを楽しむ「さくら葉餅」
静岡県松崎町は、全国シェアの7割を誇る「桜葉の塩漬け日本一」の町です。塩漬けの製法は100年以上前から受け継がれ、最盛期を迎える初夏には、町中が桜の葉の香りに包まれることから「日本で最も美しい村」連合登録に加えて、環境省「かおり風景100選」にも選定されています。そんな浜崎町の銘菓といえば、塩漬けの桜の葉でお餅をサンドした「さくら葉餅」です。甘さひかえめの小豆あん、薄いお餅、そして桜の葉の程よい塩味を包み込む桜の香りが楽しめます。本格的な春がちょっと待ち遠しくなる、これからの季節にぴったりな和菓子ギフトではないでしょうか。

ブランド名:梅月園
商品名:さくら葉餅 6個入り(お取り寄せ可)
紹介記事
桜の葉が主役!日本で最も美しい村のさくら葉餅(小谷あゆみ)
ほろっと柔らかな食感の落雁で粒あんを閉じ込めた金沢「諸江屋」の「濃茶落雁」
干菓子の中でも落雁というと、お仏壇にお供えするもの、茶席でいただくもの、というイメージが強いかも知れません。口の中の水分を持っていかれる感じが苦手という人もいるのではないでしょうか。でも、金沢の老舗和菓子店「諸江屋」の落雁は、驚くほど口どけやよくしっとりしていて、和三盆の上品な甘さがすうっと口の中に広がります。様々な落雁が取り揃う中、抹茶味の落雁で粒あんを包んだ「濃茶楽雁」という生落雁は、大人へのちょっとした贈り物におすすめです。加賀藩への献上抹茶を使い、丸く厚みのある形は石臼をイメージしているそう。落雁よりもしっとり柔らかい生落雁は、和菓子の奥深さを感じさせる味わいです。

ブランド名:落雁諸江屋
商品名:濃茶楽雁 10個入(お取り寄せ可)
紹介記事
甘さの中にほんのりした苦味。江戸時代から続く金沢・諸江屋の「濃茶楽雁」(高橋香葉)
ippin編集部

あわせて読みたい