春の吉き日を願ってリニューアルしたザ・おみやげ「春吉富士」
ippin
2019.01.20 00:30
静岡県三島市の明治食品工業は創業昭和24年。“水の都”三島にて、伝統の技と富士山の伏流水で、羊羹を製造してきました。旧「富士山羊羹」という商品を2017年に、新たにネーミングを「春吉富士」とし、商品のカラーリングもパッケージデザインも全面リニューアルしました。
「春吉富士」は創業者の山口春吉からいただいたものです。春、富士、桜、と縁起の良いネーミングとパッケージで好評を博しています。
日本の伝統美と美味しさはパリにも渡りました
地域の素材と色を求め日本の色に作り上げた色とりどりの羊羹です
茶/小 豆
緑/青柚子
黄/ニューサマーオレンジ
桜/桜 葉
橙/枇 杷
青/塩
パリの美術館で行われたレセプションパーティで紹介されました。
おみやげグランプリで準グランプリを獲得!
2019年1月11日から1月20日まで東京ドームで開催された「ふるさと祭り東京」の「おみやげグランプリ2019」は、国内から海外まで誰もが喜んでもらえるような【おみやげ】を日本全国各地より募集し、日本の魅力を再発見できるような逸品を発掘する。日本の伝統から最新の技術やデザイン、名産、食などを広く紹介し、日本及び地域ブランドの振興を図る。という趣旨で開催され、フード・ドリンク部門304商品の中からで、準グランプリを頂戴しました。
https://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/special/omiyage/
春吉富士
明治食品工業株式会社
(株)地域デザイン研究所代表 納島正弘

あわせて読みたい