落合多武が東京では9年ぶりとなる個展を開催。世界中の休日や祝日を旅する新作ペインティングをチェック
美術手帖
2019.01.05 08:00
 落合多武は1967年神奈川県生まれ。90年の大学卒業後に渡米し、現在はニューヨークを拠点に活動。おもな展覧会に「夏への扉―マイクロポップの時代」(水戸芸術館、2006)、「スパイと失敗とその登場について」(ワタリウム美術館、2010)、「横浜トリエンナーレ2011」(横浜美術館ほか、2011)などがある。 落合は今回の個展で、1年を表す12の新作ペインティングを発表する。異なる背景色のペインティ…

あわせて読みたい

銀座メゾンエルメスで開催、落合多武「輝板膜タペータム」
Numero TOKYO
平成の美術から大山エンリコイサム、落合多武まで。今週末に見たい展覧会ベスト3
美術手帖
できる事から始める自発的なアクション!SDGs一斉参加プロジェクト
CAMPFIRE
「ショパンの心臓」と、パリやワルシャワをめぐる2ヶ月間の旅。落合多武が日光で個展を開催中
美術手帖
美術において平成に何が起こったのか? 31年のアートシーンを振り返る
美術手帖
江口寿史さん、アイディアの源に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
一瞬の光を放つ、夜行性動物の眼球のように。落合多武の個展が銀座メゾンエルメス フォーラムで開催へ
美術手帖
「肉体の旅」と「心臓の旅」、 2つの旅路をなぞる。飯岡陸評 落合多武展「ショパン、97分間」
美術手帖
堀田茜がナビゲート!「あなたの未来」を変えるための30分
J-WAVE
今だから、小さな変化に敏感になる 「輝板膜タペータム」落合多武展@銀座メゾンエルメス フォーラム
GINZA
国立新美術館、新館長に逢坂恵理子が就任。横浜美術館とは兼務
美術手帖
DEAN FUJIOKA、三原勇希ナビゲート 『ROPPONGI PASSION PIT』オンライン公開収録参加者募集! 当日はKan Sanoがスペシャルライブを披露
J-WAVE
G’s ART REVIEW 古今東西の香りにまつわる工芸作品約240点を選りすぐった『香りの器 高砂コレクション展』etc.
GINZA
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
人生を楽しむためのテクノロジー。次世代型電動車椅子とは?
J-WAVE
横浜でアート巡り。ヨコハマトリエンナーレ2020が7月17日(金)よりスタート!
FUDGE
【へぇ!と驚く展覧会 1】ピカソのマジック・ペインティング。
madame FIGARO.jp
DEAN FUJIOKA、三原勇希ナビゲート 『ROPPONGI PASSION PIT』オンライン公開収録参加者募集! 当日はKan Sanoがスペシャルライブを披露
J-WAVE
【シリーズ秘書】日本が誇る美術界の要・横浜美術館館長と、それを支える秘書の奮闘記
GOETHE
シャルロット・デュマ展ほか いま行くべき“必見”展覧会 <2020年10~11月>
T JAPAN