Icon loading md
7630844 full 9d8cbc2e 37b1 45e5 9b09 e9c8f8c5acfd
その笑顔歪んでない?「フェイスニング」で笑顔を磨こう!――笑う、美容vol.2
GINZA
2019.01.02 22:00
素敵なあの人はいつだって 最強の笑みを浮かべてる。最強だから笑顔なのか?いや、たぶん、笑顔だから 最強で素敵なのだ。そんな仮説のもと、笑うことと 〝きれい〟の関係や、笑顔の ブラッシュアップ法を探りました。

笑う、美容② グッドスマイルを手に入れて小顔美人に
その笑顔、歪んでない? まずは微笑みチェックから
いつもニコニコしていようと心に決めた人、一度、自分の中でデフォルトになっている笑顔を見直してみて。口角を横に引いてない?(多くの人が引いてマス!)目に力が入ってない?頬は左右対称に引き上がってる?大抵の人は、子どもの頃はシンメトリーに近いバランスのとれた笑顔を作れているのに、大人になるにつれ、感情をストレートに出せなくなったり使い慣れた表情筋だけを動かしているせいで、歪んだ笑みを浮かべるようになってしまう。左右均等でない笑顔を作り続けていると、顔が引きつった印象を他人に与えてしまうだけでなく、ほうれい線やマリオネットラインを助長したり、より顔が歪んでいく負のスパイラルに陥ってしまうリスクがあるからコワイ……。
じゃあ、顔の筋肉を正しく使えている理想のキラキラスマイルとは?いちばんのキーになるのはやっぱり口元。左右の口角がキュッと斜め上を向き(上の歯はしっかり見え下の歯は見えない)、それにともなって頬もリフトアップ!目は細まっていないほうがいいけれど、自然に力を抜いているのがベスト。いい笑顔には、加齢で弾力が失われる表情筋に刺激を与え、弾むような頬や引き締まったフェイスラインに整える効果が。また、顔周りの血行を促進して血色感をアップさせたり、肌のターンオーバーを促して、フレッシュなヘルシースキンへと導く作用まで望める。
ここで、歪んでしまっている可能性大の〝今の笑顔〟をリセットする「フェイスニング」をご紹介。医学や美容の観点から表情筋を研究した犬童文子氏が開発したメソッドで、正しいモーションで毎日行えば、キラキラした笑顔やシャープな顔立ちを実現できるんだとか。トライするのはどんなタイミングでもOK。心身をリラックスさせたコンディションで、レッツスタート!
笑顔を磨く「フェイスニング」
EXERCISE
瞼のハリ感アップ
上瞼の奥から睫毛のキワに向かって伸びる「上眼瞼挙筋」を鍛えることで、目に輝きのあるキラキラした笑顔に。眉を引き上げる感覚がつかみづらい人は、最初は指を添えて行ってもOK。
 full 087a85a0 6308 4e70 9fc8 1b1a1760ccc2
5秒かけて眉を引き上げ目も見開いていく(黒目の上の白目が見えるくらい)。
 full 6a9702f7 d169 4329 a342 8e080ad93fb8
眉を最大限に引き上げたまま5秒かけて上瞼を下げ、“薄目”で5秒静止する。
 full 3d05af99 a1a3 4160 aafa f5f901fff2f5
ゆっくりとリラックスした表情に戻す(以上をスムーズな動作で5セット)。

口角を引き上げる
小鼻の横と口の両端をつなぐ場所にある「口角挙筋」をトレーニング! 口角がキュッと上がった笑顔が自然に作りやすくなる。2番目のステップでは唇の両端に力を入れないのがポイント。
 full 0944fa18 eba9 4cdb bc40 f6a66429eb94
唇を軽く閉じて素の表情になる。全身の力を抜き、鏡の前でスタンバイを!
 full fb9c52cb 78ba 4125 a5f3 1a943889a0b7
上下の唇を3秒かけて口の内側へ巻き込む。唇が横一直線になるのがベスト。
 full 84583984 affa 4bd5 b907 b1681077a19d
上の状態から2秒かけて左右の口角を斜めに引き上げ5秒キープ(3セット)。

頬のコリをリリース
目尻の横から唇の両端に向かって斜めに伸びている「大頬骨筋」のこわばりを和らげることで、柔らかな微笑みもビッグスマイルもお手のモノの笑顔美人に。頬のたるみ対策にも有効。
 full 7281059d 2589 4d75 9996 52674d75cc27
軽く口を開ける。上の歯と下の歯の間に指2本入るくらいの開き方が◎
 full fe7b62a2 7d72 4a85 af61 38845c4e7608
口角と頬を5秒かけてゆっくり引き上げる。唇の両端を横に引かないように。
 full f7ade5ce 1d5c 4008 8488 94642c931019
最大限まで口角を引き上げ、頬がピンと張ったら5秒キープ(3セット)。

POINT
必ず鏡を見ながらやる。 ゆっくりスムーズな動作で。 動かしている筋肉を意識して。

関連コンテンツ