Icon loading md
7618751 full 6c65a540 3922 491b b901 72c81305490f
心に刻む東京みやげを贈りたい!可愛くて上品「老舗レトロな東京みやげ」5選
ippin
2018.12.29 21:30
レトロなパッケージやお菓子を見ると、そのかわいらしさと懐かしさに心を奪われます。今回は、帰省やちょっとした手土産にも胸を張っておすすめしたい「老舗レトロな東京みやげ」をご紹介します!どこか懐かしさを感じるレトロな東京みやげは、パッケージからノスタルジック。きっともらった方も、懐かしさとその上品なかわいらしさに心が震えることでしょう。
レトロな可愛さが好きな方も必見!ぜひ参考にしてみてくださいね。
1:2週間待ち!幻のクッキー「ローザー洋菓子店」
 full c5c428b9 d36a 47a3 84a9 5b4a762d3257
 full 37411b93 57e6 48ca a8a9 d08f60ed0cf5
東京・麹町にある老舗「ローザー洋菓子店」のクッキーは、予約をして、手に入るまでなんと2週間待ち!幻のクッキーと呼ばれている入手困難なクッキーですが、小さなお子さんでも安心して食べることのできる、家庭的で優しいお味。たくさん食べても飽きることはありません。
レトロな缶と包装紙はとても上品で、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。老若男女に愛されるだろうお味は、どんな方へのお土産にも喜ばれるはずです。
紹介記事
【入手困難】幻のクッキー!麹町で見つけた老舗「ローザー洋菓子店」のクッキー缶(前田カオリコ)
2:レトロな上品さが漂う予約制のクッキー「村上開新堂」
 full 085a9fe1 e423 4985 b2c4 a0ff5c65e28b
 full 79a7bf07 c504 4398 9565 55bd85257b4a
東京・半蔵門にある「村上開新堂」のクッキーは、全て予約制。創業以来、すべて手作りで作られているため、一日の量が限られているからだそうです!
かわいいピンクの缶を開けると、丁寧に作られた様々なクッキーの詰め合わせが顔を出します。それだけで幸せな気持ちになれますし、どれから食べようかと選ぶのもまた楽しみですよね。
お菓子にはお花のカードがついているそうです。レトロな上品さが漂うクッキーは、大切な人への特別な手土産にぴったりです。
紹介記事
特別感って、こういうこと。贈る人に幸福を届ける『村上開新堂』の「クッキー」(杉江奏子)
3:古きよき昭和の香り。「こけし屋」の正統派のクッキー
 full 0dcbc6a0 7df7 4792 8807 940e41286453
 full 93855839 06de 43bd a523 73e420a817ca
西荻窪駅前に戦後間もなく創業した「こけし屋」は、老舗のフランス料理店。お土産にぜひ買って行ってほしいのが、このクッキーなんです。古いフランスのクッキー缶を思い出させる、ノスタルジックな缶がとにかくお洒落!
古きよき昭和の香りを感じさせる「こけし屋」の正統派のクッキーは、材料にこだわっており、ちゃんと小麦粉、バター、牛乳から作られているので、お子さんがいる方へのお土産にもぴったりです。
紹介記事
クラシカルな缶のデザインも魅力!西荻窪の老舗フランス料理店「こけし屋」のクッキー(中田ぷう)
4:幸せのおすそわけ。古きよき時代の素朴で懐かしさ「近江屋洋菓子店」
 full 2026b135 38ba 458a b0a2 d288b9ba9abe
 full 88d3e0f2 d33d 41f7 9bbd 975006777757
神田淡路町にある「近江屋洋菓子店」は、古きよき時代の素朴で懐かしい美味しさ。パッケージからとにかくノスタルジックで、お箱を開ける前から嬉しくなってしまいますね。
中には小ぶりで愛らしいドライケーキが5種類10個詰まっています。サブレ生地にチョコレートが挟まっていたり、ドライフルーツがアクセントになっていたりと、バリエーション豊かで、どれから頂こうか悩んでしまいます。
お値段もお手ごろなので、大好きな方へのちょっとした幸せのおすそ分けにぴったりです。
紹介記事
古き良き時代の美味しさを大好きな人たちと味わう近江屋洋菓子店の「ドライケーキ」(中村奈津子)
5:これぞ東京みやげ!「巴裡 小川軒」の元祖レイズン・ウィッチ
 full eb7b9717 ca58 4bb7 a4df 3096794c93a0
 full 6060f8d3 a35f 49b5 9f2b 7747faa50f93
「巴裡 小川軒」の元祖レイズン・ウィッチは、まさに“東京みやげ”にぴったり!
「巴裡 小川軒」の看板メニューで、カリフォルニア産の洋酒漬けレーズンと北海道のバターで作られた特製クリームが、さくさくのビスケットに挟まっています。バニラもマダガスカル産の天然香料だけを使用するなど、素材にこだわり丁寧に作られています。
これが東京のお菓子です!と胸を張って持って行くことができる、唯一無二のレイズン・ウィッチ。ぜひ一度、お土産に選んでいただきたい逸品です。
紹介記事
東京みやげに困ったらこれ!巴裡小川軒の元祖レイズン・ウィッチ(鈴木ありさ)
ippin編集部

関連コンテンツ