チョコレートが100倍おいしくなる!本物のカカオを知れる絶品「チョコスイーツ」
ippin
2018.12.25 21:30
最近スーパーやコンビニで、カカオの含有量(%)を売りにしたチョコレートを見かけるようになりましたが、皆さんは、カカオの含有量によって、チョコレートの味がどのくらい変わるか、知っていますか?
「カカオの含有量が高いほうが体にいいと聞いたことがある」「カカオが多いと苦そうで、あんまり食べたことがない」など、感想はさまざまだと思いますが、今回は、カカオの含有量が高くても、美味しいチョコレートにこだわっているお店を紹介しながら、カカオの豆知識も紹介しますね。そんな話題が手土産にもなりますので、ぜひチェックしてみてください。
ショコラ愛好家も感動!カカオの違いを実感できる「チョコスフレ」
2016年自由が丘にオープンしたチョコレート専門店『マジ ドゥ ショコラ』をご存じでしょうか。
このお店では、約20ヶ国のカカオ農園から直接買い付けたカカオ豆を、チョコレートにする工程をすべて自社で行っています。
よりカカオ豆の特徴を引き出すため、大きさや色ごとに分類し、焙煎方法や製造工程を調整しています。
このように、手塩にかけてつくられたチョコレートを使用して、オリジナリティあるチョコレート菓子を生み出しているんです。
中でも、チョコレート好きにおすすめなのが、ショコラ愛好家のippinキュレーターの佐藤ひと美さんも、その口どけ具合にほれ込んだという半生チョコレートケーキ「Magie du Chocolat (マジドゥショコラ)」です。お店の名前である「マジドゥショコラ」の名前と同一という覚悟を感じられる商品。種類はタンザニア75%、ガーナ63%、パプアニューギニア35%の3種類ありますが、タブレット(板チョコ)ではカカオ含有量は、実際に食べ比べしてもわかりにくいですが、スフレのような口溶けが良いと含有量の違いを感じやすいということから、芳醇なカカオ豆の特徴を最大限引き出せる口当たりの軽い滑らか新感覚スイーツ。カカオの含有量の違いを実感されたい方は、このふわっと溶け広がるような優しいカカオのスイーツをぜひお試しください。
「第4のチョコレート」と呼ばれる新たなカテゴリー「ブロンドチョコレート」
昨今「第4のチョコレート」という言葉をきいたことはあるでしょうか。今注目されているのは、ピンク色でベリーのような酸味をもつ「ルビーカカオ」と、ホワイトチョコとミルクチョコレートの中間の色をした「ブロンドチョコレート」です。
ここではフランスのチョコ製造販売メーカー「ヴァローナ」が、ホワイトチョコレートの工程中に誤ってうっかり焦がしてしまったのがキッカケで開発された「ブロンドチョコレート」をご紹介。黄金色キャラメルのような深い味わいと風味を特徴とする『No.4(ナンバーフォー)』がこちら。
カカオの割合にこだわった55%のチョコレートと、ブロンドチョコレートの2層の生チョコレートのコントラストを楽しめる「No.4(ナンバーフォー)」は、香ばしいカカオのコクとほんのりキャラメルサレのような味わいで口溶けがふんわり、ねっとり感で包まれる濃厚ミルキーな新感覚のチョコレートです。こちらの商品はお取り寄せいただくこともできますので、自由が丘はちょっと遠いという方は、ぜひチェックしてみてください。

ブランド名:マジ ドゥ ショコラ
商品名:マジ ドゥ ショコラ
     No.4(ナンバーフォー)(お取り寄せ可)
紹介記事
新感覚スイーツの新店舗!チョコレートの美味しさを発信する「マジドゥショコラ」(佐藤ひと美)
フランス『ヴァローナ』のチョコレートを使用したこってり濃厚「テリーヌショコラ」
東京・足立区にある『パティスリー ラヴィアンレーヴ(LA VIE UN REVE)』の「テリーヌショコラ」は、フランス ヴァローナ社の「GUANAJA70%カカオ」を使用した逸品。見た目は素朴ですが、一流のフランスのチョコレートを、日本の敏腕パティシエが手がけた名作です。一口食べると、まるで生チョコのような、口どけのよさにびっくり。続いて、これでもか!と訪れるチョコレートの濃厚さが口いっぱいに広がります。贅沢に一人で食べるのも良し、みんなで取り分けるのもよし、難しいことは考えずに、チョコレートそのものの味を実感いただける逸品となっています。

ブランド名:パティスリー ラヴィアンレーヴ(LA VIE UN REVE)
商品名:テリーヌショコラ(お取り寄せ可)
紹介記事
独り占めしたいほど美味い!濃厚さがたまらない「テリーヌショコラ」(野永喜三夫)
紹介記事
酸味、苦味、甘味のバランスの良さが魅力の「GUANAJA 70% Cacao」(北西大輔)
エクアドル産ナショナル種のカカオ分70%のオーガニックチョコレートを使用『パティスリー アカシエ』が作る「テリーヌショコラ」
埼玉の人気店『パティスリー アカシエ』が作る「テリーヌショコラ」は、エクアドルのみでしか採れない「ナシオナル種」というカカオ豆を使用した希少価値の高いチョコレートを使用。甘い花のような香りやナッツのようなコクを最大限に活かすため、合わせる素材を厳選しできる限りカカオの風味をそのままに焼き上げているんです。
あの「マツコの知らない世界」で紹介され、埼玉県だけでなく全国からお客様が訪れる大人気のパティスリーになりました。
テリーヌ・ショコラのねっとりとした濃厚な味わいをお楽しみください。

ブランド名:パティスリー アカシエ
商品名:テリーヌショコラ(お取り寄せ可)
紹介記事
エクアドル産カカオの魅力をストレートに感じるアカシエの「テリーヌ・ショコラ」(松本由紀子)
美容や健康でも注目される、『カカオマジック』のロー・ヴィーガン・チョコレート
京都を訪れたらぜひ立ち寄っていただきたいのが『カカオマジック』。ここは、インドネシア・バリ島産のオーガニック・ロー・カカオ、 低GI値でミネラルが豊富なココナッツシュガーを使用した、動物性乳製品、白砂糖不使用のロー・ヴィーガン・チョコレートの専門店です。全行程48度以下で作るローチョコレートは、カカオ本来の栄養素を損なうことはなく、風味や香りを堪能できると、チョコレートファンの心をとらえています。
そして、店舗を訪れたら必食なのが、「ローチョコレートパフェ(カカオフルーツショット付き。1,350円+tax)」です。パフェに使用しているクッキーやバニラアイス、チョコレートアイス、チョコレートソース、ナッツクリームソースなどすべてオーナーの手作りでできたこだわりのパフェです。白い砂糖、添加物は不使用。食べ応えはしっかりとしているのに、くどくなく、重くない。食べ終わった直後にもう一個食べたいと思うくらい虜になること間違いなしです。
紹介記事
京都に行くなら食べなきゃ損!世界一と評判のチョコ『カカオ マジック』(音仲紗良)
ippin編集部

あわせて読みたい