意中の本と出会える! 朝から晩まで何時間いてもOK!六本木に入場料制の本屋さん〈文喫〉がオープン。
Hanako.tokyo
2018.12.20 15:00
2018年12月11日(火)、六本木に“本と出会うための本屋さん”〈文喫(ぶんきつ)〉が誕生しました。これまでにない入場料が必要な本屋さんということで、オープンに先駆け行われた内覧会の様子をレポートします!

あわせて読みたい

ほかでは体験できない!今話題の「入場料がある本屋」とは
Sheage
続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。
Hanako.tokyo
入場料を払う六本木の本屋「文喫」がおしゃれすぎ!しかもコーヒー飲み放題で最高の読書空間だった
レッツエンジョイ東京[おでかけ]
約3万冊の本の世界にどっぷりと! 本との出合いを楽しむスペース「文喫」が六本木に誕生。
Pen Online
入場料のある本屋「文喫」が六本木に誕生!本と出会うための時間と空間を提供する、新しい本屋のかたち。
箱庭 haconiwa
話題の書店・六本木「文喫」へ。今までになかった「本との出会い」を体験
Harumari TOKYO
新しい本との出会いがあり、もちろんカフェとしても楽しめる。東京のブックカフェ・厳選リスト
Harumari TOKYO
本好きの新聖地・六本木「文喫」。「出会い」がテーマの記念イベントを開催中
Harumari TOKYO
入場料のある本屋!?本と出会う為の時間を過ごせる「文喫」が六本木にオープン
ことりっぷ
入場料を払っても通いたい! 本を味わう、ときめきの書店【文喫】
GOETHE
全く新しい本屋〈文喫〉、7つの楽しみ方。
Casa BRUTUS
「今日はなんだか、ひとりでゆったり過ごしたい。」"おひとりさまのプロ”がおすすめする、都内のブックカフェ5選
るるぶ&more.
書店「文喫」が新たに誕生。場所は六本木の青山ブックセンター跡地
美術手帖
休日、アート鑑賞や買い物の合間に。六本木の休憩スポットとして使えるカフェまとめ
Harumari TOKYO