Icon loading md
7574580 full b6fc757a 1a37 47f6 94db 5af7db0de572
すでに争奪戦勃発!? 2019年注目の新ギアブランド「ゼインアーツ」始動。
GO OUT WEB
2018.12.19 21:30
 full 18573c7f bf96 4f60 a791 a938f59a53d5
デビュー前から注目を集めるブランド「ZANE ARTS」とは?
北アルプスの玄関口、長野県松本市で立ち上がった新アウトドアブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」がギアフリークの間で話題になっている。
先日発表されたテント、タープはどれも機能的でスタイリッシュ。2019年4月の発売を前に一部ショップでは異例の早期ネット予約がスタートしていて、受け付け開始早々に品薄となったアイテムもあるほどで、今後人気を集めるのは間違いない注目のブランドだ。2019年4月に発売を予定している4つのテント・タープをまとめて紹介しよう。
スタイリッシュなアースカラーの進化系ワンポールシェルター「ゼクーM」。
 full 1c8ae5d2 0f3f 417d abc8 80c411c76328
ZANE ARTS「ZEKU-M」 ¥82944
ゼインアーツの現時点でのフラッグシップともいえるのが、4人が快適に過ごせるサイズのミドルサイズワンポールシェルター「ZEKU-M(ゼクーM)」。
一見するとワンポールには見えない形状だが、メインのポールは1本のみ。周囲をエクステンションフレームで立ち上げることで、ワンポールの最大のデメリットである空間の狭さを解決して、広い居住空間を実現している。
 full 83725a6a d6cb 48c6 9acc 25ad763d390d
似たようなタイプの進化系ワンポールシェルターだと、ベルガンスの「ウィグロ」やオガワの「トレス」がある。
どちらも丸みを帯びた形をしているのに対して、このゼクーMはエクステンションフレームをアーチ状ではなく角を持たせた形にしてあえて外側に配置するなど、ミリタリーっぽいギア感を漂わせた独特のスタイリッシュな佇まい。オンリーワンな存在感を放つシェルターに仕上がっている。
生地には、表面にシリコーン、裏面にポリウレタン(PU)加工を施したポリエステルリップストップが採用されている。
ワンポールテントのもう一つの弱点といえば、夏場の暑さだが、これは6面あるパネルのうち1面を大胆に開口可能なことで解決。このパネルと出入口を全て開口すれば、かなり風抜けが良くなり、暑さを軽減できる。
 full 6a04d533 84a5 477e 96d5 408070dd9cca
一見、複雑な形に見えるが、ワンポールテントなので設営は簡単で、ビルディングテープが取付けられた4コーナーをペグダウンしてセンターポールを入れると自立する設計になっている。
ボトムは六角形で、付属の五角形リビングシートを使うと、土間がつくられるので、出入りの際の靴置きや雨具の脱ぎ着に便利。現在のところ、インナーテントの発売予定はないという。
発売は2019年4月上旬の予定。同時に発売となる他の3モデルも注目だ。
次ページでは、その他ラインナップをご紹介!
nextpage
スモールサイズシェルター「GIGI-1」。
 full d553acdb 6dde 49bb 8959 da6cf14ee81f
ZANE ARTS「GIGI-1」 ¥42984
「GIGI-1(ギギ1)」は、パネルの開閉や跳ね上げによりいろいろなアレンジが可能なデュオキャンパー向けスモールサイズシェルター。このシェルターもエクステンションポールによりサイドを立ち上げてワンポールの最大のデメリットである空間の狭さを解決。
テーブル・チェアを使用し、必要な道具を十分に入れた状態で2人が対面でゆったり座れるワイドな居住空間を確保している。さらにコット2台を設置することもできる余裕のキャパシティーなので、これ一張りでリビングも寝室も兼ねることができる。
 full 0d954e53 3361 42e6 b935 41c3a38ca9a2
また、前後のドアパネルを大きく跳ね上げれば、まるでタープの様な開放感を得る事が可能で、ワンポールのもう一つのデメリットである夏場の暑さも軽減できる。
山岳ベースにもなる、コンパクト2ルーム「ROGA-4」。
 full c49c35c8 f409 42cb ad75 6c95c7ec1267
ZANE ARTS「ROGA-4」 ¥63612
「ROGA-4(ロガ4)」は、一般的なファミリーテントと同等サイズのコンパクト2ルームテント。
2つのダブルクロスフレーム(魚座型)をブリッジフレームでつないだ構造は耐風性に優れていて、さらに軽量(フライとフレームだけの最小重量は4.5kg)なので、キャンプだけでなく日本の山岳のベースキャンプ用としても使える仕様になっているのが特徴だ。
 full c2b2cef5 e062 4055 bd10 a835186c2cc3
アウトフレーム構造の吊下式なので、フライシートに取付けたまま、雨の時でもインナーを濡らさずに設営撤収が可能。インナーテントには最大4人が就寝可能で、インナーテントを外せば8人用大型シェルターとしても使用できる。
機能美タープもラインナップ! 次ページでチェック!
nextpage
シルエットが美しい、4ウイングタープ「GEU」。
 full 7f489ac6 4bd2 401e 8e7b 5733e30b8dfa
ZANE ARTS「GEU」 ¥48384
「GEU(ゲウ)」は手裏剣型のオールウェザー4ウイングタープ。広い有効面積でタープとしての実用性を確保しながらも、稜線のゆるやかな曲線とシャープな4ウイングが大自然に映える美しいシルエットになるようデザインされている。
 full c33bb9b5 c4a4 4881 83dc 7ab0c569e2c6
テントとタープをオーバーラップさせたレイアウトいわゆる「小川張り」が可能になる、タープテール(ロングテープ)も付属する。
ゼインアーツのテント・タープの生地には、表面にシリコーン、裏面にポリウレタン(PU)加工を施したポリエステルリップストップを採用。耐水圧を必要最低限の1500mmに留めることで、耐水圧(ポリウレタン)加工時の熱による生地劣化を抑え、引裂強度を維持している。
最近のテントは過度な耐水圧加工の影響で劣化が早いものも多い中、生地の強度をあげることで長く愛用してもらいたいというメーカーの心意気が現れていて好感が持てるところだ。
2019年は新ブランド「ゼインアーツ」から目が離せない。
(問)ゼインアーツ https://zanearts.com/

あわせて読みたい