Icon loading md
7567085 full 7091bbd1 a515 4bb5 9948 d217bb47b553
「センスがいいと褒められたい!」食通も納得の東京土産におすすめ厳選スイーツ
ippin
2018.12.18 10:30
12月も中盤がすぎ今年も帰省のシーズンが近づいてきました。帰省につきものといえば手土産。今回はエリアを東京に厳選し、旬も取り入れつつハズさない手土産7選をご紹介します。この中からチョイスすればセンスがいいね!なんて褒められて鼻高々になれること間違いなしです。
1:パッケージのかわいらしさにノックアウト!『ブルトンヌ』の「ブルターニュ クッキーアソルティ」
 full ea726c70 152f 43a5 85f4 01501de21a1c
 full 99ff5ebe 6538 4225 812f 52c9ac492255
お菓子缶マニア人なら迷わず一目惚れするビズキュイテリエ『ブルトンヌ』の「ブルターニュ クッキーアソルティ」。グリーンの愛らしい箱を開けるとかぐわしいバターの香りがただよい、クッキーはどちらかというと固めでサブレに近いタイプ。しっかりとした歯ごたえと食べごたえを感じられ、6種類入っているのでさまざまな味がたのしめるのもうれしいですね。お取り寄せもできます。

ブランド名:BISCUITERIE BRETONNE
商品名:ブルターニュ クッキーアソルティ<缶>(23個入)(お取り寄せ可)
紹介記事
レア度高!まだ2カ所でしか買えない、「ブルトンヌ」の缶入りクッキー(中田ぷう)
2:濃厚さがたまらない!『パティスリー ラヴィアンレーヴ』の「テリーヌショコラ」
 full c179c491 6b79 4adb 9659 bd3030a16649
 full 093b8599 d21b 4ea5 9356 680890aa22a7
独り占めしたいほどおいしい濃厚さがたまらない、足立区梅島にある『パティスリー ラヴィアンレーヴ』の「テリーヌショコラ」。フランス産カカオ70%を使用しており、見た目は素朴ですがひと口食べるとそのチョコレートの味わいに衝撃を受けるなんて声も。素材にこだわりパティシエが丁寧に作り上げた一本は自慢の手土産になること間違いなしです。

ブランド名:パティスリー ラヴィアンレーヴ
商品名:テリーヌショコラ(お取り寄せ可)
紹介記事
独り占めしたいほど美味い!濃厚さがたまらない「テリーヌショコラ」(野永喜三)
3:贅沢に栗を堪能!熊本県産の栗渋皮煮を一粒入れた「ケーク オ マロン」
 full 06f26af6 45d5 405b 98ad f2fd977fb668
 full 1c880107 1c83 46fc 8248 02926587322d
スイーツ好きなら知る人ぞ知る東京・千歳烏山にある『パティスリー ユウ ササゲ』。ご紹介するのは、2018年秋から販売して人気を博している「ケーク オ マロン」。マロンケーキの渋皮煮は希少な熊本県産の和栗渋皮煮を使用。フランス産のマロンペーストを混ぜ込んだ生地に、大粒の栗1粒を入れ焼き上げた贅沢な焼き菓子です。しっとりとした食感と上品な甘さで栗本来のおいしさを堪能できます。

ブランド名:パティスリー ユウ ササゲ
商品名:【1日限定10セット】マロンケーキ 6個入り(お取り寄せ可)
紹介記事
栗好きにはたまらないお菓子!熊本県産の栗渋皮煮を一粒入れた「ケーク オ マロン」(北西大輔)
4:種類も8種類と豊富!進化したチョコレートサンドとして話題の「マジ ド カカオ」
 full 6dbb61c8 5962 4c93 b826 4c026ebed465
 full 91c3b2f0 1af2 4d9e b282 4170adf307cc
世界各国のカカオを厳選し豆からチョコレートにするまでの全てを店内で行う“Bean to Bar”のお店『マジドゥショコラ』。こだわりのチョコレートとクッキーでサンドされた看板商品がこちらの「マジ ド カカオ」。人気の秘密は“ミルクピスターシュ”や“アーモンドクランチ”など味のバリエーションの豊かさと、チョコとクッキーの異なる食感のバランスのよさ。なめらかな口どけは進化したチョコレートサンドともいえます。冷やして食べてもおいしいそうですよ。

ブランド名:MAGIE DU CHOCOLAT
商品名:マジドカカオ 8個(お取り寄せ可)
紹介記事
進化したチョコレートサンド8種!夏は冷やしてもおいしい「マジ ド カカオ」(里井真由美)
5:これぞ東京土産の新定番!『PRESS BUTTER SAND』の「バターサンド」
 full 8c7c0ee1 5c04 4662 b0e4 51ef1aa95d5c
 full 8ada75a1 6964 4b22 882e d98602818a9e
とろ~りクリーム×キャラメルの2層構造は悶絶級のおいしさと、いまだに人気が止まらない『PRESS BUTTER SAND』の「バターサンド」。ひと口食べた瞬間からとびきりのバターな風味がダイレクトに伝わり、今まで味わったことのないような不思議な感覚。その正体は2層仕立てのバタークリームとキャラメル、さらにそれを引き立てるクッキーの小気味よい歯触り。これぞ東京土産の新定番といっても過言ではありません。
紹介記事
バター好き必食!バターサンド専門店プレスバターサンドの「バターサンド」(前田紀至子)
6:芳醇なバターの香りたっぷり!ポップな箱が印象的な『バターバトラー』の「バターフィナンシェ」
 full 0e5174e3 b181 4dc6 a1e0 8a032e71bfeb
 full 192588e5 eef9 4ea8 82e3 95ba998d2774
バトラー(執事)をモチーフにしたポップでカラフルな箱が印象的な、新宿駅構内 NEWoMan SHINJUKUに店舗を構える『バターバトラー』。看板メニューの「バターフィナンシェ」には、深みのあるコクと独特の風味が特徴のスイス産発酵バターや、とがった塩辛さがなく旨みがたっぷりと詰まったフランス産ゲランドの塩を使用。表面は芳醇なバターの香りでカリッと焼き上げ、中はメープルシロップをしみ込ませてしっとりと仕上げたフィナンシェ。これまでにない食感にはうっとりとしてしまいますよ。
紹介記事
「JR東日本おみやげグランプリ」グランプリに輝いたフィナンシェ(依田早苗)
7:レトロでノスタルジックな魅力を堪能!『近江屋洋菓子店』の「ドライケーキ」
 full 3cb65b44 b0f0 4bdc be9e 01fd35234355
 full cbe903bc a017 4efe abdd 76f30cdcf268
古きよき時代の上品さとおいしさを兼ね備えた『近江屋洋菓子店』の「ドライケーキ」。レトロなパッケージで老舗の懐かしいお菓子は、背伸びしない優しさが詰まっています。箱の中には愛らしい小ぶりなドライケーキが5種類10個入り。ドライケーキも味のバリエーションが効いていて、サクサクのサブレ生地にチョコレートのクリームがサンドされていたり、ドライフルーツがアクセントになっていたり、ナッツの風味の生地とチョコレートのコンビが秀逸だったりと、どれも老舗の職人技が光ります。
紹介記事
古き良き時代の美味しさを大好きな人たちと味わう近江屋洋菓子店の「ドライケーキ」(中村奈津子)
ippin編集部

あわせて読みたい