クマ好きさん集合―!どこまでも愛らしいクマモチーフグルメ
ippin
2018.12.12 10:30
昨今、巷を賑わせていた、ネコ好き?犬好き?論争。ペットというテーマではなく、グッズやモチーフとしてなら、今も昔も世界中で圧倒的人気を誇るクマさんも忘れてはいけません。見るだけでほんわかやさしい気持ちになれるクマさんは、グルメ界でも人気のモチーフ。そこで今回は古今東西のクマさんグルメを集めました。思わず笑顔になれる愛らしさ満点のクマさんグルメは、ギフトシーンでも大活躍します。
1:店名から注目! 福岡『こぐまや洋菓子店』の表情豊かな「こぐまかろん」
表情豊かな最初のクマさんは、福岡市にある『こぐまや洋菓子店』の「こぐまかろん」。お店のキャラクターであるしろくまのぬいぐるみ“タツオくん”をモチーフにしたマカロンは、木苺・キャラメル・レモンの3種類のフレーバーがあり、見た目の愛らしさだけでなく、その味わいからも選ばれている人気の一品。実はサイズが500円玉よりも大きいため、食べ応えもたっぷり。売り切れ必至なので、確実に手に入れたいなら事前にご予約を。
紹介記事
おしゃべりしそうなかわいいマカロン!こぐまや洋菓子店の「こぐマカロン」 (山口真理)
2:はちみつが大好きなクマさんがキュート! やさしい香りと甘さの「ハニーベア」
大好物のはちみつを抱えるクマさんをモチーフにしているのは、東京都世田谷区三宿にある洋菓子店『ラ・テール』の「ハニー・ベア」。こちらのクマさんモチーフは、焼き型からオリジナルで制作したというこだわりぶり。菩提樹の花からとれたはちみつをたっぷりと使った焼き菓子は、クセのないはちみつの香りにバターの風味とオーガニックシュガーのやさしい甘さが加わり、ふんわりしっとりとした食感でお子さんからも大人気!
紹介記事
桜薫る季節に贈りたい、子供も大好きなハチミツたっぷりのラ・テール「ハニー・ベア」 (岡田広山)
3:レトロかわいい札幌の「小熊のプーチャン」&渋かわいい釧路の「ポンエペレ」
人気の北海道土産でもかわいいクマさんを発見しました。ひとつは、有名な北海道のお菓子メーカー『千秋庵』が手がける「小熊のプーチャン バター飴」。ネーミングの愛らしさはもちろん、どこか懐かしさも感じる缶やパッケージデザインがクマさん好きの心をくすぐります。もうひとつは、釧路市にある『福司酒造』の「ポンエペレ」。北海道土産で定番の木彫りのクマをモチーフにした瓶には淡麗辛口の日本酒が入っています。
紹介記事
北海道発!どこかノスタルジーなビジュアルがそそる、千秋庵の「バター飴」 (中田ぷう)
4:食べてホッキョクグマの繁殖を応援! 本格的な味の「円山動物園白クマラーメン」
続いてもうひとつ、札幌市で愛されているクマさんグルメをご紹介しましょう。「円山動物園白クマラーメン」です。その名の通り、札幌にある円山動物園の白クマ(ホッキョクグマ)をモチーフにしていて、購入することで動物園に寄付ができて、白クマの繁殖を応援することにつながります。愛らしいパッケージの中身は、生ラーメンを48時間かけて乾燥させた本格ラーメンというギャップも支持されている理由。味は北海道らしい塩味です。
紹介記事
郷愁にひたりながら食べる。思い出がつまったあの場所のラーメン (植原亮輔)
5:熊本のマスコット・くまモンが描かれた熊本名産づくしのお饅頭「スイートマロン」
全国区の知名度を誇る熊本県のPRマスコット・くまモンが描かれた『清正製菓』の「スイートマロン」は、熊本県産の栗と阿蘇小国産のジャージー牛乳を使った餡がたっぷり入った洋風のお饅頭。熊本県は全国2位の栗の名産地。餡には、ダイスカットされた栗が入り、しっかりとした栗の風味とやわらかなミルクの甘さが広がります。同店ではさまざまなくまモンパッケージのお菓子があるので、くまモン好きさんはチェックしてみては?
紹介記事
くまモンのほっぺも落ちちゃう?熊本県産栗たっぷり!清正製菓の「スイートマロン」 (大平みな)
6:パステルピンクのビジュアルとは裏腹に、老舗の味わいが光るチューブ明太子
博多明太子を代表するブランドである『やまや』にも、クマさんモチーフのグルメがありました。ピンクをベースにやさしいタッチのシロクマを描いた「チューブ明太子」シリーズです。味わいは、北海道サーモンたらこマヨ、北海道クリームチーズたらこ、北海道プレーンたらこの3種。ポップなビジュアルながらもそこは老舗。味わいは本格派です。手を汚さずに絞るだけのお手軽さなので、一人暮らしの男性へのギフトにも喜ばれそう。
紹介記事
博多明太子の「やまや」が手掛けるポップなチューブ型たらこ (菅野夕霧)
7:ドイツのお菓子といえばコレ! ポップなクマさんが目印のクマ型グミ「ハリボー」
クマのグルメと聞いて、まずは「ハリボー」を思い浮かべた人もいるのでは? このハリボーという名前、実は創業者である(ハ)ンス・(リ)ーゲルさんが(ボ)ンで作った会社という意味なのをご存知でしょうか。ドイツでは、お菓子=ハリボーのグミと言っても過言ではないほど、国民的なおやつ。日本では期間限定バージョンも合わせて約35種類ほどが発売されていますが、本国では数え切れないほどの種類が登場しているのだそうですよ。
紹介記事
ドイツ外務省専用のグミまである!クマのグミで有名なドイツのハリボー (ドイツ連邦共和国大使館)
8:あのお馴染みのキャラクターがポップなパッケージになった「おやつカステラ」
“♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪”のフレーズでもお馴染みの『文明堂』のCMでダンスをしていたのも確かにクマさんでした。あのお馴染みのかわいいキャラクターがパッケージになったポップなカステラが「おやつカステラ」です。手軽で食べやすいように二切れパックになっていて、その名の通りおやつにぴったりなボリューム感。同僚へのちょっとした差し入れでも、喜んでもらえそうですね!
紹介記事
カステラの王道「文明堂」が作る!デザインがキュートで食べやすい「おやつカステラ」 (大伴さやか)
ippin編集部

あわせて読みたい