Icon loading md
7537206 full bd94dc2e ac84 44fd 9aa8 608f664c89a2
挽き具合と抽出温度が調整できる 全自動コーヒーメーカーが登場!
CREA
2018.12.11 18:00
 食後や仕事の合間など、日常の様々なシーンで飲まれるコーヒー。今やカフェやコンビニと、どこでもおいしいコーヒーを楽しめます。自宅でコーヒーを淹れている人も多いのではないでしょうか。
 全日本コーヒー協会によれば、2017年度の日本におけるコーヒー消費量は46万4,686トン。これは過去最高。20年前と比べ、1.5倍も増えているのだそう。それと同時に、コーヒーメーカー市場も急拡大中なのです。
 そんな中、ツインバードから誰でも手軽に本格的なコーヒーが楽しめるコーヒーメーカーが登場しました。
シンプル操作でプロの技を再現
 full 176b5cc3 569a 4697 9ab7 d1c7f0bbfce7
ツインバード「全自動コーヒーメーカー CM-D457B」
オープン価格(実勢価格約35,000円/税抜)
http://www.twinbird.jp/products/cmd457.html
 ツインバードはこれまで様々なコーヒーメーカーを商品化してきました。今回の商品は従来モデルよりもさらにおいしいコーヒーを淹れられることを目標とし、ゼロから開発が始まりました。
 どうしたらおいしいコーヒーがつくれるのか――? 試行錯誤ののち、東京・南千住の名店「カフェ・バッハ」の店主の田口護さんに出会い、監修を依頼。
 豆の粒度から抽出温度、蒸らし湯量など、味づくりのプロセスを田口さんから学びながら製品に反映し、プロの味を再現した「全自動コーヒーメーカー CM-D457B」が完成しました!
 最大の特徴は、ドリッパーと噴出口との間にある2センチのすき間。これにより、豆を挽いている最中から香りが広がり、コーヒーアロマを楽しむことができます。
 また、ドリップシャワー噴出口には「内向きシャワー式ドリップ」を採用し、プロのハンドドリップを再現。6方向から噴出するドリップシャワーで、コーヒー豆にまんべんなくお湯を行き渡らせ、深い味わいを最大限に引き出してくれます。
 full f64ece20 29db 42ad ab36 1de571e48130
 抽出温度を「83℃」と「90℃」の2段階で調節できるところもポイント。
 田口さんが推奨する「83℃」と、豆の鮮度や煎り具合によってより適した「90℃」で湯温を設定でき、味や香りなど自分流に楽しむことができるのです。
 full d2184087 4f79 43d7 8fac 07497bf839cc
 ミル部分は「低速臼式フラットミル」を採用。雑味の原因となる微細な粉と、コーヒーの香りを飛ばす原因となる摩擦熱を抑え、コーヒー豆を均一な大きさで挽くことができます。
 また、挽き具合は「粗」「中」「細」の3段階で調節可能。コーヒー豆に合わせたテイストに調節できるのもうれしい。
 今回はそんな「全自動コーヒーメーカー CM-D457B」の試飲会があるということでお邪魔してきました!
五感で感じて作る究極の一杯
 full b88f11a8 9830 4cfe 9a47 d035900125b9
 コーヒーの香りに包まれた会場で使い方をレクチャーしていただきました。
 full 6b3e0f03 57ff 476b a87d f431c89af339
 full de36d198 1fcd 4086 8a5e 2c821e3cff9a
 まず、本体上部にある水タンクとミルカバーに水とコーヒー豆を投入。1回につき3杯分を淹れることができます。
 full 70ebadd9 8db5 40fa b211 3ac42975ba69
 水と豆をセットしたら、本体にペーパーフィルターをセットしたドリッパーとガラスサーバーを差し込みます。
 full 7c91ffc2 26ee 45ae bd69 b8b128c5b2b8
 次に本体上部のダイヤルで挽き目を設定していきます。右に回すと細挽きに、左に回すと粗挽きになります。
 full 839fca32 3be6 4076 84f7 0b49d6cf1b6b
 あとは温度と蒸らし湯量を設定し、スタートボタンを押すのみ。
 操作部分は左からメニュー、抽出温度、蒸らし湯量、メンテナンスとダイヤルが並んでいます。設定する際、カチカチと右にひねる感覚が昔のオーディオのようで懐かしく感じました。
 full 360bd2bc b2e7 400d 88ef e5b7298e77c7
 スタートボタンを押すと、ドリップシャワーが噴出。お湯が落ちてくる様子が見えます。
 full b354b038 095c 4e58 9c0e 4464bc0f7738
 抽出後は中央がくぼみ、粉全体に均一にお湯が行き渡っているのがわかります。蒸す時間から仕上がるところまで見ていたらあっという間にコーヒーができあがりました。
淹れ立てコーヒーを試飲!
 full 43b9a268 37b7 45f3 b63e 15b532228949
 そして、お楽しみの試飲タイム。
 今回はツインバードのオリジナルブレンド「83(ハチサン)」豆を淹れていただきました。香りもよく、スッキリとした味わいで飲みやすい!
 自分でハンドドリップをするとどうしても味が濃くなり、なかなか上手く作ることができなかったのですが、何もしなくてもこんなに手軽においしいコーヒーが作れるなんて……凄すぎます。
 また、水の量を減らし、温度を90℃で抽出させて氷を入れたグラスに注げばアイスコーヒーも楽しめます。
 full 0e3c084e 8b5b 4dfe 8b82 62477d2f62aa
 full 07e6b269 1fed 4b9d 920a f6e2a75131b2
 ミルは取り外しできるので、使用後は付属のブラシでサッサと粉を落とすだけ。お手入れも簡単です。
 full dc354842 0c09 49d2 abd5 cb60ff117c97
 味、香り、デザイン全てにおいてパーフェクトの「全自動コーヒーメーカー CM-D457B」。コーヒーにこだわりがある人、また自宅で手軽にコーヒーを楽しみたい人におすすめの一台です。
ツインバード工業
体感イベントのお知らせ
http://www.twinbird.jp/c/event.php
 full 8a37740f be7d 42d6 b948 93564a6568c4
善村苑香(ぜんむら そのか)
最新家電の便利な使い方を紹介すべく、新商品発表会に通う家電女子。食べることが大好きで、最新の調理家電に注目している。趣味は読書と喫茶店巡り。
文・撮影=善村苑香

あわせて読みたい