今、改めて考えたい。専門家が語る、知られざる摂食障害の今
Women's Health
2018.12.07 10:57
毎年6月2日は世界摂食障害デー。オーストラリア版ウィメンズヘルスは、命取りにもなりかねないこの心の病と、摂食障害に悩む身近な人々を助ける方法に関する理解を深めるべく、シドニーのウェスリー病院付属摂食障害センターのディレクター、フィリッパ・ヘイ博士に話を聞いた。…

あわせて読みたい

異物を食べたり、夜食べ過ぎたりも。あまり知られていない5種類の摂食障害
Women's Health
17歳の少年がジャンクフードだけを食べて失明。でも、本当の原因は…
lifehacker
足のけがから記憶障害!? ポテチしか味がしない! 人体に秘められた謎を解き明かす「Dr.ミステリーの事件簿」
TVガイド
鬱でも食事を続けられるかんたんな方法
lifehacker
毎日ポテチなどジャンクフードばかり食べた少年が失明。その裏にある怖い摂食障害とは
女子SPA!
助けるではなく寄り添う!大切な人が「摂食障害」になったら
コスモポリタン
やけ食いに終止符!ストレスで食べすぎてしまう時の対処法とは
ヨガジャーナルオンライン
10代の少女たちを刺激、TikTokで拡散される「プチ断食」の危険な実態
Rolling Stone Japan
TikTokの女王チャーリー・ダメリオが「摂食障害」告白 “トリガー”となる曲の使用を謝罪
FRONTROW
5つの質問で分かる! あなたの食物依存症の可能性
Women's Health
最上もが、摂食障害の人たちの「これだけは知ってほしい」に迫る!
テレビドガッチ[テレビ]
要注意!「ストレスの限界が近い」10のサインと対処法
コスモポリタン
摂取カロリーを少しずつ増やす「リバースダイエット」の注意点
コスモポリタン
「炭水化物が怖かった」人気女優が明かした過食症との闘い
コスモポリタン