Icon loading md
7514836 full d82a638f f17b 47e1 8c01 de1b44458a62
卵かけご飯は許せない?!美食家・辰巳達郎さんのこだわり抜いた食の極意!
ブリアサヴァランの食卓
2018.12.07 17:55
antenna*提供「食」を堪能する新感覚グルメ・ラジオ番組!
放送作家 小山薫堂がお届けする「antenna* ブリアサヴァランの食卓」。

今週は、芸能界きっての食通として知られる俳優・辰巳琢郎さんに、こだわり抜いた毎日の食事をお聞きしました!日本ワインを広める活動もされている辰巳さんに、理想の食卓をお教えいただきます。
7514836 woqxytba full 24ae5f94 133c 4c09 b561 599c0ec21b69
小山「辰巳さん、どうもお久しぶりです!辰巳さんはフジテレビで放送されていた『くいしん坊!万才』で食のイメージが強まったのですかね?」
辰巳「小山さん、ご無沙汰しております!この番組出演の影響は、かなり大きかったです。放送期間は1991年〜丸3年、大変ではありましたがその間は本当にいい修行時代でもありました。日本各地のみならず海外にも足を運び、現地で食べた記憶は鮮明に残っています。僕にとっての大きな財産です。」
7514836 jcrapykn full 4baba6ce f1da 4677 ace0 1ed01b6d5d8e
小山「辰巳さん、『くいしん坊!万才』に出演されていた頃、食べ物の好き嫌いは一切無かったのですか?」
辰巳「好き嫌いはもともと多いほうでした。例えば、椎茸、筍、いくらも嫌いでした(笑)子供の頃はもっとたくさんありました。それがこの番組放送期間中に、すべて無くなりました!ナマモノなども採れたてがいかに美味しいかを生産者から聞くことによって、その味の価値が美味しさとして感じられるようになっていきました。」
7514836 bzvdrzjl full cc84c0df e274 4e6a a6ce 3b637495dde6
小山「その番組放送時に、印象に残っている料理は何かありますか?」
辰巳「一番印象に残っているのは……とある山奥に入り、松茸収穫名人にその場で採ってもらった松茸を、新聞紙で包み焚き火で焼いて食べたあの味ですかね。空気に触れていない自然の食材がいかに美味しいかを目の当たりにしました。ですが、当時の番組ディレクターに、当時の話を聞いたところ『あのときは近くのおばあちゃんの家で食べたんですよ』と言われ、当時あまりにも多くの現場でいろんなものを食べていたことから、いろいろ記憶が混在している状態ではあります……!それだけ当時、沢山の美味しいものを食べさせていただいたということですね。」
7514836 dccsicmf full d13cb547 e2e7 46a2 a0f9 b9c15fe58a0a
小山「その記憶をまとめてお描きになられた本がこちら『やっぱり食いしん坊な歳時記(集英社)』ですね。今年8月に発売されたそうですね!」
辰巳「これは、JCBカードの会報の巻頭エッセイ48本をまとめたものになります。本にしたい!と強くアピールして実現したんです。連載の途中から、本にするために頑張って食の情報を書き溜めていきました。」
7514836 ihcsahun full b3a1791c 94ce 4a1b a1d9 af14505c60b8
小山「本には『食通で知られる俳優が 忘れがたい味の記憶を綴る。』などなど書かれていますが、その中でも『食い意地を張っていると歳を取らない』これはどういうことですか?」
辰巳「やっぱり『あれも食べたい、これも食べたい』という好奇心を持って過ごすのは、生きるための根元に欠かせないものだと感じます。その気持ちが旺盛なほど長生きする体、シャープな考えを持って生きていけると思っています。」
7514836 dtlblajo full 827d3760 262d 4c14 901c 8ee273cfbf0e
小山「いま辰巳さんが一週間時間を与えられ、好きな場所に行って好きなものを食べていいという自由を得た場合、どこで何をして過ごしますか?」
辰巳「非常に難しい質問ですね!(笑)その場その場で旬のものを食べに現地を巡りたいですね。それこそ、鳥取のカニを食べに『かに吉』にも行きたいです。」
7514836 hwtvuata full 986cd0eb 451a 4c93 8ede 1157e2e590bf
小山「僕も先日偶然にも鳥取の『かに吉』へ行きました!大将の山田さんにとてもよくしていただき、印象に残っています!」
辰巳「大将の山田さん、もの凄いバイタリティの持ち主ですよね。食材はもちろんですが、人の気持ちを味わうという意味ではすごく感じることが多いお店です。こだわりのあるお店、場所の人を訪ねることにも時間を使いたいですね。」
7514836 gwrmxdwr full 078825b5 ec76 4e3a 82b0 d4b5239c8ce9
小山「辰巳家のおせち料理は、かなりこだわりが強そうですね!毎年どんなお正月を過ごしていらっしゃるのですか?」
辰巳「全国各地の産地から食材を集めて準備していますね。特に黒豆はこだわりがあります。僕、柔らかい黒豆はダメでして……歯ごたえのある黒豆を取り寄せて出しています。小さい頃から黒豆が大好きで、だからこそこだわりが強くなったのだと思います。」
7514836 dgujtums full fca468f0 0eb2 4338 8d07 829b8ba63d26
小山「僕も黒豆にはこだわっています。(笑)毎年必ず、丹波篠山小田垣商店から黒豆を取り寄せています。1日半掛けて煮た、柔らかい黒豆を食べていましたが……あれは辰巳さん的にダメなのですね!」
辰巳「例えばそら豆は、皮ごと食べますか?僕は皮こそ美味しいと思っています!というように美味しさの感じ方は皆それぞれ違うので、黒豆も同じように好みが分かれるものですね。自分のこだわりがあればあるほどいいことだと思っています。」
7514836 xyjkqehx full d389d593 1fd0 48a7 b3ce ac83b57b350b
小山「辰巳琢郎流、卵かけご飯はどんな感じですか?」
辰巳「僕は、白いご飯が大好きです。なので、卵かけご飯は許せないのです!混ぜご飯も許せないです。もし美味しい卵と美味しいご飯が両方あったとして、僕は卵は醤油を掛けて卵だけを味わい、白いご飯は白いご飯で別々に食べます。それくらいこだわりは人それぞれということですよ!(笑)ご飯を冒涜するような感覚に陥るんですよ。」
7514836 cbcjcfby full dfc7e3e1 3799 4c1f b428 e2d41613c142
小山「辰巳さん、お米はどの品種が好きですか?」
辰巳「最近は、福井県の『いちほまれ』が大好きです。コシヒカリを上回るお米を作ろうと立ち上がった福井の方々が愛情込めて作っています。味のバランス、歯ごたえも素晴らしく、冷めても美味しいお米です。」
7514836 ygvagrvp full 5c610e9f 4e95 4907 bfae 0767b8edf7c7
小山「辰巳さん、これだけ毎日いろんな美味しいものを食べていて、健康への心持ちも違いますよね。どんな健康法を実践されていますか?ダイエットなどされていますか?」
辰巳「ダイエットは基本はしていません!ただ、空腹感は大事だと思っています。日々できるだけ空腹感を感じるように食事の間は時間をあけるようにしています。朝はほとんど食べず、昼もあまり食べないです。夜はしっかり食べるリズムで生活しています。規則正しく食べるよりも、不規則なリズムで食事を摂ることでより人間の本能に沿った生活になると感じています。野生の感覚が目覚めるといいますか、そんな気もしています。お腹を膨らませるために無理して食べることは一切ないです。今でもヒレよりロースを頼んでしまいますし、真夜中の炭水化物ほど美味しいものはないと思っています。(笑)」
7514836 xngodfvv full 5e21806e 41e6 4b8e 8f04 e15fedf29bf3
小山「辰巳さん、今年で還暦を迎えられたんですよね?食通の先輩として本当にかっこいいですね(笑)ところで辰巳さんは、最近『日本のワインを愛する会』の”会長”になられたそうですね!」
辰巳「以前から、15年前にできた『日本ワインを愛する会』の副会長として、日本ワインを応援し続けてきました。そして今年10月、国税庁による『日本ワイン』の表示ルールがついに適用開始になったことで、果実酒から『日本ワイン』として認知を拡大できるよになりました。今後もより『日本のワイン』を広めていくため、頑張りたいと思います!」
7514836 urzwhrji full f1795372 2bbd 40cb a154 37ff2f633329
小山「そして今年10月に『日本ワイン礼賛(主婦と生活社)』という本を出版されたそうですね!これはどういった内容なのですか?」
辰巳「この15年間を振り返ってみて、現在日本ではどんなぶどう品種が作られ、どんな畑があるのか、どんな生産者がワインを作っているのか……また、自分自身の日本ワインに対する立ち位置などを改めて見直してみた内容を書きまとめています。小山さんにもぜひ応援団に入ってもらいたいですね!」
7514836 rxifvvip full c6311238 0fba 4f8d 88b0 91c7337cbead
小山「辰巳さんが始められた頃に比べると、現在の日本ワインは俄然美味しくなってきていますよね。」
辰巳「種類も増えましたし、ワイナリーも増えましたね。それから飲み方のバリエーションも増えました。食用ぶどう・巨峰でもワインが作ることに成功しています。このように幅が広がってきた理由として、若い技術者が増えてきたことや、日本独自のオリジナルのものが増えてきたことが挙げられます。そのうちのひとつが、『甲州ワイン』ですね。いまや世界中から注目されるワインとなりました。」
7514836 bqnlsbjz full e0a1908f 6682 4ccb b41c 1c6e595bcccc
小山「では最後に、辰巳さんの人生最後の晩餐を教えてください!今日お聞きした感じから言うと、白いご飯ですかね……?」
辰巳「お茶はほうじ茶がいいです。そしてやはり白いご飯が食べたいですね。付け合わせのお漬物とご飯を食べ、少し残したご飯にほうじ茶をかけて、お茶漬けとしていただきたいです。出汁ではなく、お茶にこだわります(笑)」
7514836 weogwklf full 9aa97109 5cfd 4f52 8b7f ba650a5fba23
【番組概要】
・番組名: antenna* ブリアサヴァランの食卓
・放送日時: 毎週金曜17:30〜17:55放送
・放送局: TOKYO FM
・出演者: 小山薫堂

番組を聴き逃した、もう一度聴きたいという方は『radiko.jp』で聴くことができます。
7514836 yerkwhxy full ff856e71 318d 4c25 92dd d5ae8e12b214
7514836 kkevexkj full b81635b8 3902 4774 8293 2d30b7af2da6

あわせて読みたい