Icon loading md
7493971 full 78313d96 5a8a 45f3 b31a ea46b7dae3aa
銀座の新名物「究極のかつサンド」は 鮮やかな赤い断面が食欲をそそる!
CREA
2018.12.01 20:00
 サンドウィッチの最高峰、ごちそう感漂うかつサンド。豚かつも牛かつもそれだけでおいしいけれど、パンに挟まれるとまた違った魅力を発揮! 今すぐパクっと頬張りたいかつサンドをご紹介。フォーリンデブはっしーさんのお好みのかつサンドとはいったい?
「銀座 串かつ凡」の 究極のかつサンド
●推薦人: フォーリンデブはっしーさん
 full cdb8affa b4f7 4697 a1f7 c3d30265c224
究極のかつサンド 2,800円(税抜)
 あざやかな赤い断面が食欲をそそる「究極のかつサンド」。僕のお気に入りの串揚げ店の“ビフかつ”サンドウィッチです。
 挟まれている牛肉は“雪降り和牛尾花沢”と呼ばれるもの。夏と冬の気温差が約50度もある雪の名所・山形県の尾花沢で育てられていて、自然に極上の脂を身につけるいいお肉です。
 A5ランクのフィレ肉の、サラッとした口どけのよい脂だから、かつサンドにもかかわらず重たさを一切感じない。信じられないくらい軽やかな味わいで、デブリシャス!
 ご飯&みそ汁付きの串8本ランチコースをいただいた後でも、ぺろりと平らげられるほど、といえば、その軽やかさがおわかりいただけるでしょうか(笑)。
 full c99d6132 3f17 4269 8915 904fcd06790e
 full 03c34792 b3c3 40a1 8956 7415d0ae7a2a
左:天使のえび串(ランチ 1,800円のコースより)。ニューカレドニア産のエビで、熱を通すと甘味と弾力が増す。頭もカリカリで美味!
右:子持ち昆布のうにキャビアのせ(ランチ 2,800円、3,500円のコースより)。海藻独特のクサミが一切なく、子持ち昆布のプチプチ感が心地よい。ウニが濃厚なソースがわりに!
 ここは大阪の高級繁華街・北新地に本店を構える〈串かつ凡〉の銀座店。
 ランチもディナーもコースのみですが、夜はおまかせコースのみで、30串。ストップをかけるまで順に揚げてくれます。パン粉も細かめで、ラードと綿実油のブレンドの揚げ油は口当たりも軽いんです。
 かつサンドも当然、串に刺して揚げ、油から引き上げるときに遠心力を使って油切りをします。酸味のあるソースもさわやかさに繫がっているんですよね。素材、揚げ方、味わい方、全部含めて女性好みの絶品かつサンド、とお薦めしたい。
 ここぞ、というときの手みやげとしても必ずや笑顔を呼びます。まさに心が満たされる肉料理、ハートフル&ミートフルですね!
 full 470c1fa1 8fe2 40be 8378 97972540dc09
 full 5b71c76c 6b7f 4275 a9f0 ce29a067e69f
銀座
串かつ凡
所在地 東京都中央区銀座8-2-8 銀座高本ビル3F
電話番号 03-6274-6649
営業時間 ランチ 12:00~14:00(13:00 L.O.)、ディナー 17:30~23:00(21:00 L.O.)
定休日 年末年始、ランチは日・月・火曜休
価格 ランチ 1,800円~、ディナー 10,000円~
※ランチは1,800円(串8本)、2,800円(A5ランクの和牛など串10本)などの3コース。いずれもご飯、みそ汁、漬物、デザート付き。ランチも予約が安心。
カード OK(ランチはNG)
席数 カウンター24名、個室 2~3名、4~6名各1室
おすすめの人数 ひとりで大丈夫
http://www.kitchen-dan.jp/
はっしーさんの FOOD TOPICS
飽きない秋田の夜
 full 653852e8 c7de 4ad8 b6b8 e5ecf796103d
 秋田県で開催された秋田牛のイベントに出演してきました。
 秋田牛はあまり知られていないかと思いますが、それもそのはず、4年前にできた新ブランド。県内各地で少数生産のご当地牛が乱立していた中、秋田牛としてまとめてブランディングしていこうという動きはおもしろいですね。
 イベント後も、秋田ならではの比内地鶏を食べたり、秋田おでんを食べたり、日本酒もおいしくて3軒ハシゴ。旅先では胃袋が開いてしまう人も、きっと多いはず!
[秋田/晴れ/19:00]
●紹介してくれたのは……
フォーリンデブはっしーさん
お肉博士とお米ソムリエの資格を持ち、肉を中心にごはんのオカズを求めて食べ歩く、グルメエンターテイナー。外食専門家としてはBlogとInstagramの人気が日本一。農水省の国産食材アンバサダーなども務める。決めゼリフは、デブリシャス!
Text=Hassy
Photographs=Wataru Sato

関連コンテンツ