Icon loading md
7486573 full 9c959418 7899 4761 9861 c61582e054ac
リゾットやカオマンガイもおまかせ!炊飯器で作れる驚きのレシピ3選
CREA
2018.11.30 07:00
リゾットにカオマンガイも! 炊飯器でごちそうを作ろう
 full 44119572 c2a0 4c5c 8fee c7526ac82c25
 バルミューダキッチンチームのand recipe山田英季さんとバルミューダ社員の木下直子さんに教わる、キッチン家電フル活用レシピ。
 full c5e2840c 3062 4173 993b 18b87761e96a
バルミューダキッチンスタッフの木下直子さん(左)と山田英季さん(右)。
 第2弾は蒸気の力で炊き上げるバルミューダの炊飯器「BALMUDA The Gohan」を使ったレシピです。
 ご紹介するのは、「カマンベールチーズリゾット」「刻みカオマンガイ」「ツナ甘辛煮のわさびごはん」の3品。どこぞの名店? と思うほどのおいしさで、炊飯器のポテンシャルに驚きますよ。
 もちろんすべて、ご家庭の炊飯器でも作れます。
 なお、2018年11月30日(金) 12:00から12月13日(木) 23:59まで、CREAのtwitter公式アカウントにてバルミューダの炊飯器が1名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施。詳細はこの記事の最後にあるキャンペーン情報でご確認いただけますので、お見逃しなく。
チーズがとろけて至福の味! カマンベールチーズリゾット
 full 5814129a 5046 4e9a a107 8ad2cd2c7556
 まず最初にご紹介する炊飯器レシピは「チーズリゾット」です。カマンベールとパルミジャーノレジャーノを使用した贅沢チーズリゾットの上に、焼いたサーモンとたっぷりのマッシュルームを乗せて仕上げます。
 お米を炒めてから炊くので、お米が水分を吸収しすぎず、粒感が残るちょうどいい食感に。「早炊き」にして素早く仕上げるのも粒感を残すポイントです。
 さらに分厚く切ったサーモンもフォトジェニックで、味も見た目も一流レストランのクオリティです。
■材料(2人分)
・カマンベール:1/2個分
・パルミジャーノレジャーノ:8g
・お米:1合
・ベーコン:40g
・玉ねぎ:1/4個
・塩:小さじ1/2
・オリーブオイル:大さじ2
・水:適量(2合の線)
・生サーモン(皮なし):120g
・マッシュルーム:4個
・バター:10g
・塩:ひとつまみ
・黒こしょう:少々
・パルミジャーノレッジャーノ(仕上げ用):2g
■つくり方
(1) 玉ねぎとベーコンをみじん切りにする。パルミジャーノレジャーノをすりおろす。
(2) フライパンにオリーブオイルを温め、玉ねぎ、ベーコンをしんなりするまで炒め、塩とお米を研がずに加えて透き通るまで炒める。
 full b7f00739 24a4 4f75 bd65 3df5745338d5
(3) 炊飯器に(2)を移し、1合ではなく、2合の水位線まで水を加える。さらにパルミジャーノと半分に切ったカマンベールを入れて早炊き炊飯する。
 full f16c5e34 5de5 41d8 8179 4aa7587dfb75
(4) マッシュルームを薄切りにする。サーモンを3cm幅に切り、オリーブオイル(分量外)と塩と黒こしょうを振る。
 full 265c66c2 e3c4 4d2a 9b09 7750cad46ce7
(5) ホーローバットにクッキングシートをしき、マッシュルーム、サーモンの順に置き、バターを上にのせてトースター(クラシックモード)200℃で10分焼く。
(6) リゾットが炊きあがったら軽く混ぜ器に盛り付け、サーモンとマッシュルームをのせ、パルミジャーノを振る。
 full 8c71c06f 64f2 472c 8429 36c0e0c0f55c
材料を入れたら、炊飯器にお任せ 刻みカオマンガイ
 full 76847a2c 884f 47be b0fd d01e0e025962
 続いては、甘辛のタレでごはんが進む、タイの炊き込みごはん「カオマンガイ」。
 材料を切って炊飯器に入れて、スイッチオン。炊き上がったら、パクチーを乗せて、タレをかけるだけで完成です。誰でも上手に作れるので、お料理初心者さんには特におすすめです。
■材料(2人分)
・鶏もも肉:1/2枚(150g)
・しょうが:5g
・にんにく:ひとかけ
・パクチー:1束 
・水:適量
・米:2合
[A]
・ナンプラー:小さじ1
・砂糖:小さじ1/2
・塩:小さじ1
・白ワイン:大さじ1
[B](タレ)
・味噌:大さじ2
・スイートチリソース:大さじ2 
・砂糖:大さじ1/2
・醤油:大さじ1/2
・ごま油:大さじ1/2
・レモン 適量
■つくり方
(1) 鶏もも肉は2cm角程度に切る。しょうがとにんにくをみじん切りにする。
パクチーの根をみじん切りにして、葉と茎は3cm幅に切り、それぞれ水にさらしておく。
(2) 炊飯器に研いだお米、[A]、パクチーの根を入れて、2合の水位線まで水を入れて軽く混ぜる。
(3) (2)に(1)の鶏肉、しょうが、にんにくをのせて炊飯する。
 full 230fe14e 2740 49d2 9077 5e9e1f369e1d
(4) ボウルに[B]を入れてよく混ぜ、タレを作る。
(5) 器に炊けたカオマンガイとパクチーの葉と茎を乗せたら、タレをかけて出来上がり。
簡単なのに小料理屋風の仕上がり ツナ甘辛煮のわさびごはん
 full 8791cc63 1d60 45ae 90fe 646a7d4ea2d0
 ツナ缶を甘辛く煮て、炊き立てごはんに乗っけるだけのお手軽絶品レシピ。甘辛い味付けで、ごはんを何杯でもおかわりしたくなるおいしさです。
 卵焼きの上にツナの甘辛煮をのせてわさびを添えれば、まるで小料理屋さんのお料理に。飲んだ後の〆にもぴったりの一品です。
 ツナの甘辛煮は冷蔵保存で2~3日は持ちますので、たくさん作っておにぎりの具にするのも◎。
■材料(4人分)
・炊きたてごはん:4杯
・ツナ缶:2缶(140g)
[A]
・醤油:大さじ2
・砂糖:大さじ1と1/2
・みりん:大さじ2
・焼き海苔:適量
・わさび:適量
・しそ:適量
・半熟たまご焼き:1個分
■つくり方
(1) 鍋にAと油を切ったツナを入れて、混ぜながら少し水分が残る程度まで煮詰める。
 full 0bb7f3f6 8ed2 42d7 80d1 0e67940ce375
(2) ごはんの上に海苔、半熟たまご焼き、(1)をのせて、細切りにしたしそとわさびを添える。
 full 26951c48 f72c 4357 a6c8 07aa8eb05db4
 お米を炊く以外にも、幅広く活用できる炊飯器。どのレシピも簡単にできますので、ぜひお試しください。次回はオーブンレンジ活用レシピをご紹介しますのでお楽しみに。
 full f8ea337d ac30 40f7 9e36 0e71bdf48d11
◆バルミューダの炊飯器を1名にプレゼント!
こちらのページでも登場した「BALMUDA The Gohan」を1名様にプレゼントするTwitterキャンペーンを、2018年11月30日(金) 12:00から12月13日(木) 23:59まで実施!
■プレゼントの応募方法
(1) CREAのTwitter公式アカウント(@crea_web)をフォローしてください。
(2) 11月30日(金)の12:00前後にツイートされるプレゼントキャンペーン情報をリツイートしたら応募完了です。

※賞品の当選通知はTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡いたします。Twitterの登録を解除されますと、メッセージが受け取れなくなりますのでご注意ください。
■賞品
・「BALMUDA The Gohan」(白) 1台
■応募締め切り
2018年12月13日(木) 23:59までにリツイートされたものが抽選対象になります。
■ご注意事項
・キャンペーン応募にはTwitterへの登録(https://twitter.com/)が必要になります。
・既にCREAのTwitter公式アカウントをフォローいただいている方もキャンペーン応募の対象になります。
・当選者にダイレクトメッセージで連絡が取れない場合は、当選が無効となる場合があります。
・本キャンペーンは予告なく変更される場合があります。
・リツイート時に記載されたキャンペーンURLを変更、削除した場合は抽選の対象外になります。
・ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。
■個人情報の取扱について
応募に際し、文藝春秋プライバシーポリシーにご同意ください。
 full ccabfacf cb65 42db 90bb 2f45ff16d50f
バルミューダキッチンチーム
バルミューダ社員の木下直子さんとand recipe山田英季さんによる食いしん坊チーム。バルミューダ公式サイトで、トースター、ケトル、炊飯器、オーブンレンジなどバルミューダ製品を使った楽しいレシピを毎月公開。同ページではプロの料理家レシピも合わせて100品以上の料理を掲載。同社の「キッチンをたのしく、テーブルをうれしく。」というメッセージをレシピを通して発信している。
バルミューダのレシピ集 
https://www.balmuda.com/jp/recipe/
BALMUDA The Gohan製品ページ
https://www.balmuda.com/jp/gohan/
【取材協力】
バルミューダ
https://www.balmuda.com/jp/
文=CREA WEB編集室
撮影=平松市聖

関連コンテンツ