肱川大水害は、愛媛県と国土交通省の60年に及ぶダム偏重治水事業「肱川方式」の失敗が招いた災害
HARBOR BUSINESS Online
2018.11.27 08:31
 2018年7月7日、未曾有の豪雨によって大きな被害が生じた愛媛県の肱川(ひじかわ)水系における現在の被害状況をお伝えしています。
 前回、前々回で報じたように、現地の様子をこの目で見ることで、肱川の大水害は紛れもなくダム最優先の治水行政による行政資源の配分の失敗の産物だということが明らかになってきました。
 今回はさらに肱川大水害の河口の様子に迫ってみます。
全く治水効果のなかった河口までの肱川…

あわせて読みたい

肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災
HARBOR BUSINESS Online
ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
橋が破壊され二階まで浸水した肱川大水害被災地。傷痕は今もなお一目瞭然
HARBOR BUSINESS Online
ダムを境に被害が分かれていた肱川大水害。復興進まぬ肱川水系調査で判明
HARBOR BUSINESS Online
「下流域を守る」ためのダムが下流域に被害!? 9人の死者を出した愛媛県・肱川水害
HARBOR BUSINESS Online
八ッ場ダム、スーパー堤防……。幼稚な翼賛デマは防災・治水を軽視する愚論
HARBOR BUSINESS Online
憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
ダム操作のルールに固執して事前放流せず、「確信犯的な殺人だ」と住民怒りの声
HARBOR BUSINESS Online
東京の「大水害」いつ起きてもおかしくない実状
東洋経済オンライン
「気温が4℃上昇すると4倍増える」地球温暖化と水害が増える可能性を識者が指摘
TOKYO FM+
川辺川ダムが建設されていたら災害は防げたか~九州豪雨
ニッポン放送 NEWS ONLINE
多摩川氾濫はやはり「人災」だ、忘れられた明治・大正・昭和の教訓 - 情報戦の裏側
ダイヤモンド・オンライン
日本で一番美しいダム!大分の白水堰堤
All About