有村架純も演じた“鉄道ウーマン” 。育休と勤務体系の両立が課題に
HARBOR BUSINESS Online
2018.11.27 08:33
 最近、めっきり増えた印象が強い、女性の電車運転士や車掌さん。特に都心なら女性駅員まで含めれば、1日に1度も見かけないほうが珍しいくらいだ。読者のなかにも、「女性の鉄道職員が増えたなあ」と実感している人もいるのではないか。さらに11月30日には有村架純が肥薩おれんじ鉄道の女性運転士役を務める映画『かぞくいろ』も公開される。少なくとも、今や鉄道の世界は高倉健よろしく“男の職場”ではなくなっているよう…

あわせて読みたい

「計画運休は前日発表」のお粗末さ。問われる鉄道の情報提供のあり方
HARBOR BUSINESS Online
鉄道事業を営む203社の“平均年収”をランキング!トップには1,000万円クラスも!?
東京カレンダー
鉄道社員のキャリアは、「駅係員」から始まる
東洋経済オンライン
無賃乗車が減らないから? 治安も公共マナーもいい日本で「信用乗車」が普及しない理由
citrus
鉄道職員の“問題行動”を生み出す「本当の理由」
HARBOR BUSINESS Online
JR北海道「新たな自殺者」と「アル検拒否」の歴史
東洋経済オンライン
岐路に立たされる日本の交通網 多発する災害は鉄道にどう影響するのか?
HARBOR BUSINESS Online
鉄道の運転士らが慢性的な睡眠不足になりやすい根本的な理由 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
鉄道ローカル線生き残りの切り札に?進化する自動運転の未来 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
JR東日本、26年ぶり「勤務体系」見直しの真意
東洋経済オンライン
豪雨、地震、水害……。自然災害で窮地に立たされるローカル線
HARBOR BUSINESS Online
オーバーランに速度超過。頻発する軽微な鉄道トラブル、その背景は?
HARBOR BUSINESS Online
JR東「ワンマン運転拡大」に見る、鉄道乗務員レス化の未来 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
「京浜東北線のワンマン運転化」を、JR東日本が検討する理由 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン