マームとジプシー×trippen『BOOTS』──コラボレーションが生み出す新たな演劇
GQ JAPAN
2018.11.22 12:30
演劇界を革新し続ける気鋭の演劇団体「マームとジプシー」が、日本にも多くのファンをもつドイツのシューズブランド「trippen」とのコラボレーション作品を発表する。“演劇×靴”という組み合わせから新たに生み出されるものとは?…

あわせて読みたい

【秋のデートに】あの劇団が10周年! 記念作品に隠された秘密とは? | ananweb - マガジンハウス
anan web
ゼロ年代の演出家・藤田貴大が語る「おんなのこ」の美【前編】
MODE PRESS
JBLが創造する音楽とは?──JBL FEST参加記 Vol.3
GQ JAPAN
マームとジプシー藤田貴大演出による「ロミオとジュリエット」東京芸術劇場で上演 - 衣装は大森伃佑子
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
trippenの靴が舞台に!? マームとジプシー 藤田貴大が仕掛ける新作とは | ananweb - マガジンハウス
anan web
【東京芸術劇場】芸劇こどものアトリエ「かんげきのおみやげ」開催!
PR TIMES
アンリアレイジ森永が衣装手掛ける柳楽優弥主演舞台『CITY』埼玉・兵庫・愛知で - 藤田貴大演出
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
藤田貴大がふたたび挑む、寺山修司の問題作『書を捨てよ町へ出よう』。新たな世界観で表す鬱屈した青春とは
美術手帖
藤田貴大〈マームとジプシー〉の新たな挑戦。
Casa BRUTUS
原宿「VACANT」でアンビエントな音楽の夕べを開催。
HOUYHNHNM
マームとジプシーが『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』を再演。歌人・穂村弘、ブックデザイナー・名久井直子と共作
美術手帖
マームとジプシーが国内外で上演を重ねてきた初期作品。約4年ぶりに東京で上演
美術手帖
大人も子どもも五感を総動員して「なにか」を探る旅へ。『めにみえない みみにしたい』
Numero TOKYO
「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展の開催を記念して。ファッションショーのほか「マームとジプシー」による舞台公演も
美術手帖