肱川水害はダム最優先の治水行政による行政資源の配分の失敗の産物
HARBOR BUSINESS Online
2018.11.21 08:32
 2018年7月7日、未曾有の豪雨によって大きな被害が生じた愛媛県の肱川(ひじかわ)水系における現在の被害状況をお伝えしてきました。
 前回は、私が声を失うほどの衝撃を受けた、あまりに杜撰な――堤防・水門・排水施設の整備を怠り、治水のためのダム建設でなく、ダム建設のための治水と断じてよいほどの本末転倒な――ダム偏重治水行政についてお伝えしました。
 今回は衝撃を受けた大洲市菅田地区を後にして、大洲…

あわせて読みたい

肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害は、愛媛県と国土交通省の60年に及ぶダム偏重治水事業「肱川方式」の失敗が招いた災害
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害の災害現場。死者も出た地域の傷痕は今もなお深い
HARBOR BUSINESS Online
3か月過ぎても復興進まず。平成30年豪雨被災地、肱川水系の現在
HARBOR BUSINESS Online
ダムを境に被害が分かれていた肱川大水害。復興進まぬ肱川水系調査で判明
HARBOR BUSINESS Online
橋が破壊され二階まで浸水した肱川大水害被災地。傷痕は今もなお一目瞭然
HARBOR BUSINESS Online
「気温が4℃上昇すると4倍増える」地球温暖化と水害が増える可能性を識者が指摘
TOKYO FM+
気候変動を踏まえた「流域治水」対策を展開
Wedge[国内+ライフ]
被害収まらぬ中飛び交う「ダム翼賛論」が間違いである理由
HARBOR BUSINESS Online
東京の「大水害」いつ起きてもおかしくない実状
東洋経済オンライン
「もう力尽きた…」中国・三峡ダムの“悲劇”と日本排除の“黒歴史” | 危機を脱したのは本当? 日本は“不幸中の幸い”だった?
COURRiER Japon
川辺川ダムが建設されていたら災害は防げたか~九州豪雨
ニッポン放送 NEWS ONLINE
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
真備町浸水、50年間棚上げされた「改修計画」
東洋経済オンライン