【アート】アートの概念を覆した“便器”が来日!『マルセル・デュシャンと日本美術』が東京国立博物館で開催中
ぴあ映画生活
2018.11.20 15:30
東京国立博物館とフィラデルフィア美術館交流企画特別展として開催中の『マルセル・デュシャンと日本美術』展。第1部「デュシャン 人と作品」と、第2部「デュシャンの向こうに日本が見える。」の2部構成で、デュシャンの創作活動の足跡をたどるとともに日本美術との共通点を探る、ユニークな展覧会だ。

マルセル・デュシャン(1887〜1968)は、20世紀の美術にもっとも影響を与えたと言われるフラン…

あわせて読みたい

なぜ《泉》ばかりが注目されるのか? 平芳幸浩評「マルセル・デュシャンと日本美術」展
美術手帖
antenna*
便器がオブジェに!? 頭を揺さぶられるアート体験…「マルセル・デュシャンと日本美術」開催
J-WAVE NEWS
マルセル・デュシャンと 日本美術の意外な共通点
T JAPAN
デュシャンと日本美術を比べてみると? 世界初の試み「マルセル・デュシャンと日本美術」が東京国立博物館で開催
美術手帖
美術館に便器が…! アートの歴史を変えた男の展覧会 | ananweb - マガジンハウス
anan web
デュシャン作品の殿堂。 フィラデルフィア美術館館長、ティモシー・ラブに中尾拓哉がインタビュー
美術手帖
なぜデュシャンは「中古の便器」をアート作品だと主張できたのか? - 13歳からのアート思考
ダイヤモンド・オンライン
「先生、この便器にもサインしてください!」 そう頼まれた《泉》の作者デュシャンがとった驚きの行動 - 13歳からのアート思考
ダイヤモンド・オンライン
現代アートは「謎解き」である その特殊性がビジネスに利く理由
Forbes JAPAN
現代美術のオリジナリティとは何か? 著作権法から見た「レディメイド」(2)
美術手帖
新収蔵品約120点を一挙公開。アーティゾン美術館の「Steps Ahead 新収蔵作品展示」をチェック
美術手帖
水の出ない蛇口と無言の看板が与えられたとせよ
さんたつ by 散歩の達人
あべこべな場所にある秩序。鈴木俊晴が見た、池崎拓也+玉山拓郎「She saw The C, though」展
美術手帖