Icon loading md
7438216 full 2266cde9 aa03 419a 8b9f 137d17fbf032
日本初お目見えのヘリノックス・タクティカル2019新型テントを体感!
GO OUT WEB
2018.11.19 09:29
軽さと強度を兼ね備え、持ち運びも容易なチェアが爆発的なヒットを飛ばしているHelinox(ヘリノックス)。その他にもコットやテーブル、さらにはバッグパックなどハイクオリティなアイテムが揃い、多くのユーザーに親しまれている。
 full a70d1fb2 7543 408b b4bb 218e6ece58ee
数あるシリーズの中でもミリタリーの要素を取り入れた“タクティカルサプライ”は、ヘビーデューティな作りで男心をくすぐるラインナップだ。
この度、ヘリノックスの2019年シリーズとして、このタクティカルラインからテント5種とタープ1種が新登場!
2014年に発売されたアルパインドームとノナドーム、さらに様々なブランドとのコラボも登場しているヘリノックスのテントは大注目!今回は、11月16日~18日に東京・昭島のモリパークアウトドアヴィレッジにて行われた展示会で日本初披露となったアイテムをご紹介!
ハードに使える山岳スペックのテント二種。
 full 3840fa6c 9482 402f a98e 2711f00ad0e1
(手前)Tac.Attack1.5P ¥91800 総重量2210g /(奥)Tac.Attack Solo ¥73440 総重量1490g
まずご紹介するのは、山岳用のシングルウォールテント二つ。「Tac.Attack Solo」はW245cm×D90cm×H90cmサイズの一人用で、設営には8.5㎜のポール2本(天井のクロス部分は折り畳み式)を使用する。サイドにD型ドアが設けられていて、メッシュパネルの2枚構造となっている。
 full 3fc450d0 cf4f 40b6 8267 ec38cf371b2e
メッシュカバーも備えられた二重構造のドア部分。インナーには小物の収納に便利なポケットを用意。
もう一つの「Tac.Attack1.5P」は3本の9.6㎜ポールで設営する自立タイプ。短辺側にドアを設定し、Solo同様にこちらもメッシュパネルが付く。大人一人+荷物を余裕で飲み込むW280cm×D123cm×H98cmサイズで、湯沸しなどのちょっとした作業がしやすい前室(約65cm)が備えられているのも嬉しい。
 full a129aa17 43ce 4002 9dac 269e9b7599fb
ポールがクロスしているトップ部分にベンチレーションがあるので通気性も上々だ。Tac.Attack1.5Pは後方にも通気口が設けられている。
いずれもフライ部分が20デニールの3レイヤー構造ナイロンリップストップ素材で耐水圧5000㎜、フロア部分は40㎜デニールのナイロンリップストップにフィルム加工が施されており、耐水圧10000mmと十分なスペックを確保している。
 full 7ca39440 ffa1 4d28 b760 ec07a1d1d570
Tac.Attack1.5Pは、身長180cmの男性でも空間に余裕があり、頑張れば二人でも寝そべることが可能!
触った感じはかなり厚手で、全体的にガッシリとした印象だ。一般的なシングルウォールテントの中ではやや重めだが、強度を考えれば十分にお釣りがくる。とにかく風に強い設計がヘリノックスの山岳用テントの持ち味なのだそう。また別売りで専用のフットプリント(\7500~\8000税抜)も用意。
大勢でのキャンプに最適な大型シェルター。
 full 539ff659 31f0 4e10 a782 c322184b00aa
Tac.Field6.0 ¥138240。フライ素材:75デニールリップストップポリエステル(耐水圧1500㎜)。総重量8700g
次は大型シェルターの「Tac.Field6.0」。床面積は最大600cm×450cm、高さが250cmと4人以上が快適に過ごせるサイズだが、それ以上に空間の広さが際立っていた。
これは、両サイドのメインポールに対して直角にポールを組み付け、十字型の骨組みとすることで天井付近のスペースを増大させたことに起因している。
ポール2本だけの末広がり形状ではなく、ワンクッション置くことでロッジ風のディテールに仕上げ、居住性を高めているのだ。これによって開閉式の入口が両側面にも備えられており、使い勝手や解放感が高められているのもポイント。
 full 73bdc83c 6a67 4f66 9e9b dab5a0c4c605
サイドポールを十字にすることで広々とした空間を演出。もちろん、DAC社のポールなので剛性も申し分なし!
 full 40774b99 71e7 4ae5 ad05 4e123c332037
後方の両サイドもロールオープンできる解放感溢れる作り。フロントフラップを閉めてこちらを出入口にすることもOK!
さらに、フライシートの裏側一部にブラックPUコーティングが施されて抜群の遮光性を持たせているのも自慢。このコーティングは後述する「Tac.Field4.0」や「Tac.Recta3.5」にも採用されている。
 full 7f4a4e53 ea22 48bb 8fbb 9918f1d35213
前後と天井部分が“ブラックPUコーティング”。日差しをしっかりと遮るので夏場も快適!
このシェルターは大人数でのリビングとしてはもちろん、小型テントを内蔵したカンガルースタイルで楽しむのにもうってつけなのだ!
小型シェルターもラインナップ! 次ページへ。
nextpage
小型シェルターはユーティリティ抜群!
 full 2dec0ac9 2c58 4e91 a622 80ce9aa0c79a
Tac.Field4.0 ¥75600。フライ素材:75デニールリップストップポリエステル(耐水圧1500㎜)。総重量4100g.。
Tac.Field6.0の機能はそのままに小型化した「Tac.Field4.0」は二人での使用を想定。
旬のパップテントを大きくしたようなフォルムだが、こちらは両サイドのメインポールをY字に分岐させ、Tac.Field6.0同様に上横方向の空間を立体的に広く取っているのが特徴だ。
 full 0065ab2b 855a 4e24 b036 a6e8671ca19a
Y字ポールを採用して前後スペースを広く取り、高さも175cmあるので窮屈感はない。
横幅は最大で400㎜を有し、コットを置いてもまだまだ余裕!
ロールアップ式のフロントキャノピーは持ち上げてタープ代わりにもできるので、これ一つで寝泊まりからデイキャンプまでマルチに活用できる。とくにオートキャンプシーンでかなりの人気を集めそうな予感!
 full 8c3e1368 d431 40c6 a666 83bd759691eb
Tac.Field6.0と同じく、両側の後方を大きく開くことができるのでアクセスしやすい。
コーティングで日差しを遮るレクタタープ。
 full 87eeefca 68b4 4e4b b42d 8a64559d3e7a
Tac.Recta3.5 ¥42120。75デニールリップストップポリエステル(耐水圧1500㎜)。総重量1210g(ポール含まず)。
キャンプをするなら一つは持っておきたいタープ。この「Tac.Recta3.5」は、オーソドックスなレクタ型(長方形)とし、計10個のループを備えて様々な張り方が楽しめる。
ソロから複数人での使用を想定した、使い勝手の良いW350cm×D290cmサイズに設定。
 full bfd01c01 7d5d 4c1b 984e a2ad3beb345f
ハトメではなく別布を縫い込んだループ仕様。ガッチリと縫い付けられているのでちぎれる心配はなさそう。
タープに欠かせない要素の一つとして“遮光性”が上げられるが、Tac.Recta3.5は先の二つのシェルター同様に裏側にブラックPUコーティングが施されていて、日差しを大幅にシャットアウト!
取材当日は11月中旬ながら日差しがかなり強かったものの、地面が真っ黒になるほどの日陰に!!
ポール2本やペグ10本、ガイライン9本などがセットだから、買ってすぐに設営できるのも嬉しいところ。
 full 5f3eec1a 1181 4703 b3dd cd6aff1dfedd
最後に、それぞれの収納ケースとサイズについても触れておこう。右から順に「Tac.Attack Solo(W50×D16×H16cm)」、「Tac.Attack 1.5P(W50×D17×H17cm)」、「Tac.Field4.0(W70×D20×H17cm)」、「Tac.Field6.0(W72×D30×H27cm)」。タープの収納ケースは、山岳用テントと同じ筒型でほぼ同じ位のサイズとのこと。
最高峰モデルは来秋発売予定!
ここまで紹介した5つは2019年4月の発売となっており、フラッグシップの「Tac.V-Tarp(¥138000税抜・予価)」については、2019年9月の発売を予定しているので乞うご期待!
どれも落ち着きのあるコヨーテタンをメインに据え、ブラックのポールやガイラインで“タクティカル”のイメージを高めたカラーリングも見どころだ。
トレンドを反映しつつ、独自の設計で頑丈さと居住性を併せ持ったヘリノックスの最新テント&タープは要注目ですよ!!
(問)エイアンドエフ  tel:03-3209-7575 https://www.aandf.co.jp

あわせて読みたい