見立てということは、使う側の創作なんですよ――辻協(陶芸家)
クロワッサンオンライン
2018.11.19 07:45
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、うつわ使いの名手から「見立て」の極意を教わりましょう。 文・澁川祐子 1977年12月号「暮しの中の『うつわ』」より 見立てということは、使う側の創作なんですよ――辻協(陶芸家) 辻清明さん(1927-2008)、辻協さん(1930-2008)という、目利きの陶芸…

あわせて読みたい

じっと皿を眺めて、これにはこんな料理を盛ってやろうなんて考えるんだよ――茂出木心護(「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
口あたりとか、手触りとかを楽しむのが食器なんですからね――石川あき(「niagn」店主)
クロワッサンオンライン
上へ上へとのびてきたものに、人間が手を加えて横の美を与えようとする。人間とタケとの戦いです――T・Kさん(出版社勤務)
クロワッサンオンライン
額なんて心のぜいたくをする部分なんだからね――中村公一(「ラパン・アジル」店主)
クロワッサンオンライン
まず初めにいい物を見ることなんですね――辻清明(陶芸家)
クロワッサンオンライン
益子陶器市がオンライン開催に。おうち時間でうつわが買える!
クロワッサンオンライン
うつわの名前の付け方ルールを解説。知ればもっとうつわが好きになる!
クロワッサンオンライン
すぐれた家具が少ない。だから、すぐれた「眼」でえらぶ必要がある――池田三四郎(松本民芸家具創始者)
クロワッサンオンライン
割ることを恐れて使うより、安くても口当たりのいいものを買って、毎日よく使うこと――入部隆司(レストラン「シェ・フィガロ」主人)
クロワッサンオンライン
国によって、時代によって、味の好みも作り方も変ってくる――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
ものは輸入できても、生活文化は輸入できない――白石勝彦(インテリア・デザイナー)
クロワッサンオンライン
男の価値観の目安は、その男に女性蔑視があるかないかで決めている――田辺聖子(作家)
クロワッサンオンライン
結婚ってしゃべり合える相手にめぐりあうことが大切――田辺聖子(作家)
クロワッサンオンライン
子供にとって必要なことは苦痛を恐れ、やらないということではなく「ある行動」の結果の意味を考えて、やらないようになることです。 ―堀江重信(みなみ子供診療所々長)
クロワッサンオンライン