Icon loading md
7432408 full 3431d89a deb5 4fad 867d f8764a38f22a
CREAベストコスメ2018(1) 毎日使いたい「アイケア」5選
CREA
2018.11.17 18:00
 肌悩みを解消するために、より高度に進化を続けるスキンケアと、さらなる美しさをもっと手軽に実現するために、工夫が凝らされたメイクアップ。どちらのベストコスメも私たちの毎日を、より美しく心地よいものへと変えてくれる。あなたの心強いパートナーとなる一品も、きっとこの中に見つかるはずだ。
◆1位 ポーラ B.A アイゾーンクリーム
 full a20549f0 216e 4969 8969 ca8bd1d11962
B.A アイゾーンクリーム 26g 18,000円/ポーラ
 年齢とともに眼輪筋を構成する主要タンパク質が減少し、厚みがなくなることに着目。独自の複合成分CFエキスを配合し、うるおいによるハリ感で目もとの形状変化を防ぐ。肌にぴたっと密着して、引き上げるテクスチャー。
「アイケアというより眼輪筋ケア、塗ってすぐのハリ弾力がすごい」(齋藤 薫)
「もったりまぶた、膨らみクマに効く。眼輪筋に着目した攻めのアイケア」(吉田昌佐美)
「つけたい目のまわりにしっかり留まって肌を固定するような感覚」(渡辺佳子)
ポーラ
フリーダイヤル 0120-117111
https://www.pola.co.jp/
選んだのはこの人
齋藤 薫、吉田昌佐美、渡辺佳子、MICHIRU、水井真理子、入江信子、宇野ナミコ、鬼木朋子、永田みゆき、野村サチコ、増本紀子、編集M、編集K
◆2位 SUQQU インテンス リッチ アイ クリーム
 full d31f8732 996a 4c2f ad1a 8b058118dc58
インテンス リッチ アイ クリーム 13g 18,000円/SUQQU
 熱伝導率の高いアルミニウムのアプリケーターで目もとをほぐす。
「日ごろ酷使している目もとを改めてケアしようと思える、効果実感の高さに脱帽」(編集K)
「コクのある感触が乾きやすい大人の目まわりに最適」(野村サチコ)
選んだのはこの人
齋藤 薫、吉田昌佐美、渡辺佳子、MICHIRU、入江信子、宇野ナミコ、鬼木朋子、永田みゆき、野村サチコ、編集M、編集K、編集I
SUQQU
フリーダイヤル 0120-988-761
https://onlineshop.suqqu.com/
◆3位 パルファン・クリスチャン・ディオール プレステージ セラム ド ローズ ユー
 full 251be02f 035e 42b0 bd87 0d3240c7d888
プレステージ セラム ド ローズ ユー 15mL 21,000円/パルファン・クリスチャン・ディオール
 ローズに含まれる22の微量要素が、クマ・むくみやキメにアプローチ。
「ユニークなアプリケーターとひんやりジェルでスッキリ」(鬼木朋子)
「官能的な感触と、特徴のあるアプリケーターで巡りを促す、肌実感の高さに満足」(宇野ナミコ)
選んだのはこの人
齋藤 薫、吉田昌佐美、渡辺佳子、水井真理子、入江信子、宇野ナミコ、鬼木朋子
パルファン・クリスチャン・ディオール
電話番号 03-3239-0618
https://www.dior.com/ja_jp
◆4位 エスティ ローダー アドバンス ナイト リペア アイ SR コンプレックス
 full 5118363f 934b 4dde 9615 ee2be6290e7c
アドバンス ナイト リペア アイ SR コンプレックス 13g 7,500円/エスティ ローダー
 夜間のブルーライトが肌の夜の修復を妨げることに着目し、修復を促すさまざまな成分を配合。
「くすみと色ムラが改善し、アイカラーののりもアップ」(編集M)
「くすみやたるみが目立たなくなり目の印象までスッキリ」(永田みゆき)
選んだのはこの人
齋藤 薫、水井真理子、入江信子、永田みゆき、編集M
エスティ ローダー
電話番号 03-5251-3386
https://www.esteelauder.jp/
◆5位 オバジ  ダーマパワーX ステムシャープアイ
 full fe7dcffd 4c70 471d 93ee 6aba99e86a6b
ダーマパワーX ステムシャープアイ 20g 6,000円/ロート製薬 オバジコール
 コラーゲンとエラスチンの質を高め、量を増やすアプローチで、ハリ感アップ。
「肌が膨らみつつギュッと引き絞られて、疲労感が消える」(入江信子)
「濃厚なテクスチャーを塗り込むと、翌朝引き締まった印象の目もとに」(編集I)
選んだのはこの人
吉田昌佐美、水井真理子、入江信子、編集I
ロート製薬 オバジコール
電話番号 03-5442-6098
https://www.obagi.co.jp/
Text=Miyuki Nagata
Photographs=Takashi Ehara, Hirofumi Kamaya〈cutout〉

あわせて読みたい