肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災
HARBOR BUSINESS Online
2018.11.16 08:31
 2018年7月7日、未曾有の豪雨によって西日本広域で歴史的な大水害が発生しました。
 大きな被害が出た中でも、愛媛県、しかも伊方取材でいつも通過する肱川(ひじかわ)水系で死者の出る大水害の被害状況をお伝えしてきたシリーズもついに5回目となりました。いままでの4回に及ぶ記事でもその被害の甚大さはお伝えできたと思いますが、今回の菅田地区を取材したとき、私は思わず声を失ってしまいました。それほどまでに…

あわせて読みたい

ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
肱川水害はダム最優先の治水行政による行政資源の配分の失敗の産物
HARBOR BUSINESS Online
3か月過ぎても復興進まず。平成30年豪雨被災地、肱川水系の現在
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害の災害現場。死者も出た地域の傷痕は今もなお深い
HARBOR BUSINESS Online
被害がなかった上流域との比較でより明確になった「野村ダム」下流域の被害
HARBOR BUSINESS Online
球磨川の悲劇を繰り返さないために。なぜ日本の水害対策は「命を守る」視点が欠けているのか?
HARBOR BUSINESS Online
被害収まらぬ中飛び交う「ダム翼賛論」が間違いである理由
HARBOR BUSINESS Online
「気温が4℃上昇すると4倍増える」地球温暖化と水害が増える可能性を識者が指摘
TOKYO FM+
憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
気候変動を踏まえた「流域治水」対策を展開
Wedge[国内+ライフ]
中国500年の治水に代わる新しい「海綿城市」構想とは? | 三峡ダム的な治水では悪化する都市の浸水に対処できない
COURRiER Japon
東京の「大水害」いつ起きてもおかしくない実状
東洋経済オンライン
水害大国・日本、じつは「浸水危険エリアに住む人」が激増していた…!
現代ビジネス
「三峡ダム」報道で見落とされている中国の洪水の経済リスク | 米経済メディアコラムニストが「お金の流れ」に着目
COURRiER Japon