次世代バッテリーのカギは、驚異の素材「グラフェン」が握る
WIRED
2018.11.07 08:00
寿命が長く、急速充電が可能な「スーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)」。リチウムイオン電池といったバッテリーの代替として期待されるこの蓄電装置だが、蓄電できる時間が短いなどの弱点があるため広範な実用には至っていない。いま、その弱点克服のために活用が進められているのが「驚異の素材」と騒がれるグラフェンだ。…

あわせて読みたい

ノーベル化学賞が「リチウムイオン電池の父」に授与されることの価値
WIRED
落語家 林家けい木さん、コロナ渦をきっかけに生まれたテレワーク落語を披露!
UR LIFESTYLE COLLEGE
偶然から生まれた新素材がEVの「充電問題」を解決し、その普及を加速するかもしれない
WIRED
「ソーラーカー」の実用化に現実味はある? 太陽電池で走るプリウスの実証実験から、EVの未来を考える
WIRED
バッテリーが大容量化と「発熱問題」の解決を両立する日がやってくる
WIRED
【自動車用語辞典:電動化技術「車載2次電池」】化学反応で電気を蓄えるEVの心臓部
clicccar
「たった5分」でEVを充電できる時代がやってくる
WIRED
「電気飛行機」の時代は2045年にやってくる──その実現に向けたシナリオ
WIRED
【初ハイブリッドに向けて】ランボルギーニ、「スーパーキャパシタ技術」に注力 EVへのステップ
AUTOCAR
リチウムシリコンバッテリーの登場で、EVは大きく進化する? いまも続く技術革新の行方
WIRED
コバルト不要のリチウムイオン電池、ついに実用化なるか:米研究チームが開発した新技術の中身
WIRED
これが「EQシリーズ」のルーツ? 「メルセデス・ベンツ190」のピュアEVが30周年
CARSMEET WEB
EV本体より長寿命なバッテリーを開発中、テスラの研究者らの論文から明らかに
WIRED
ランボのスーパーEV、実車(?)をお披露目
GetNavi web