野菜餡をたっぷり練り込んだ『麻布野菜菓子』の「どら焼き」
ippin
2018.11.07 06:30
有機小豆、紫芋、南瓜を贅沢に使ったやさしい美味しさ
麻布十番駅のすぐ近くにある店舗『麻布野菜菓子』はすべての菓子に野菜を取り入れた野菜スイーツ専門店。野菜チップス、野菜ゼリー、野菜羊羹、野菜の豆菓子、野菜最中、野菜フィナンシェなど、その内容は充実しています。中でもお店の一番人気商品が野菜餡をたっぷり練り込んだ「野菜餡のどら焼き」。種類は有機小豆、紫芋、南瓜の三種類でパッケージもそれぞれの野菜の色がマークに使用されているので、どの野菜のどら焼きなのかが一目瞭然でわかりやすいのがいいですね。

このどら焼きは素材の味を大切にしたやさしい甘さが軽やかで、バターや生クリームなど洋風の隠し味を少量加えてコクを出し、生地はふんわりとしたカステラのようなしっとりとした食感です。南瓜と紫芋には白餡を使用していますが、野菜素材を50%以上使用しているということで、野菜本来の自然な旨みや甘みがしっかり感じられ、餡も甘過ぎず、飽きのこない美味しさです。しかも、餡がぎっしりたっぷり詰まっているので食べ応えも十分。有機小豆は、ほんのり香るバターの風味がアクセントになっていますが、それでいて和と洋のバランスがよく、まろやかな舌触りでボリューム感はありながらも、食べやすいのでどっしりとした和菓子が苦手な方にもオススメです。

野菜=「ヘルシー」なイメージがありますが、こちらのお菓子はヘルシーさを売りにするというわけではなく、野菜本来の色や香り、旨味などの特性を生かしながら和と洋を融合させ、スタイリッシュで見た目にも美しい「野菜スイーツ」として他店ではなかなか食べられない商品が豊富です。緑茶や紅茶にも合いますが、ブラックコーヒーやカフェオレ、ホットミルクなどにもよく合うお菓子です。箱のデザインも素敵なので、3個、6個、8個などの詰め合わせにすれば、ちょっとしたお土産や差し入れなどにも喜ばれると思います。
野菜餡のどら焼き
麻布野菜菓子
日本フードバランス協会代表 小針衣里加

あわせて読みたい