Icon loading md
7339768 full df3b9df8 95ec 4f42 846c 30e8704e7579
「旬の時期を見逃せない!」美容と健康に気をつけた不老長寿のイチジクスイーツ
ippin
2018.10.27 21:30
不老長寿の果物といわれるほど、実も葉も栄養価が高いことで知られる「いちじく」。女性は食べて絶対損のないフルーツで、ほんのりとした甘みもありますが、鮮度が命なので、時期を逃すとなかなか食べられない希少なフルーツなのです。今回はそんないちじくに注目し、おすすめのグルメ&スイーツをご紹介します。
1:チーズケーキマニアも虜にさせる!『どるちぇどさんちょ』の「ゴルゴンゾーラといちじくのタルト」
 full 911fb08e d55d 43e4 aebe c5a5a66cd78f
 full c34c65a3 4039 4f8d 9dd9 3530691fa891
さすが北海道!と思わず声に出さずにはいられない『どるちぇどさんちょ』のチーズケーキ。ショーケースにずらりと並んだチーズケーキはどれも酪農王国ならではのこっくり濃厚な味わいで、定番の「プレーン」をはじめ、イチオシは「ゴルゴンゾーラといちじくのタルト」。いい意味でしっかりとクセのあるゴルゴンゾーラチーズに負けないくらい、いちじくの香りが豊かで、一度は食べるとクセになりますよ。
紹介記事
チーズケーキ好きにはたまらない北海道ならではの濃厚な風味(久保香菜子)
2:プチプチ食感がアクセントに!香り豊かなしっとり「黒いちじくとキャラメルパウンドケーキ」
 full a89ea954 8c8f 45bd 8041 be9116632415
 full e3e6e30f 05e5 4519 959a 65012296edb2
パークハイアット東京や東京全日空ホテル、銀座パティスリードレカンなど、各所の名店で腕を磨いたシェフが2004年にオープンさせた『菓子工房オークウッド』。こちらのお店でおさえておきたい一品といえばこちらの「「黒いちじくとキャラメルパウンドケーキ」です。黒いちじくに刻んだ胡桃が練りこんでしっとり焼き上げたキャラメル生地は、いちじくの種のプチプチとした食感もいいアクセントになっています。コーヒーにはもちろん、繊細な味をたのしむには紅茶とあわせてもおいしいそうですよ。
紹介記事
プチプチの食感!“現代の名工”が作る「黒いちじくとキャラメルパウンドケーキ」(堀切由美子)
3:ラム酒の風味が大人好み!『Wagashi asobi』の「ドライフルーツの羊羹」
 full 5c8358a5 dffb 430b a53c 4aa9ee0e1482
ドライフルーツのいちじくといちご、くるみを丸ごと入れて北海道産の小豆に沖縄の黒糖、ラム酒を加えて練り上げた「ドライフルーツの羊羹」。切り分けるとアートにような美しい断面が現れ、まるでフランス料理のテリーヌのようなモダンスイーツです。 餡のなめらかさとラム酒の香りが想像以上に素晴らしく、和と洋が見事に融合した新感覚のデザート。海外でも評判を集めているそうです。
紹介記事
一味違う羊羹とは? 洋酒が効いて一味違う「ドライフルーツの羊羹」(長尾典子)
紹介記事
wagashi asobi
4:パンにワインに好相性!イタリアマルケ州の伝統的なお菓子「フィグログ」
 full 5583cc4d ec79 4155 8fe6 af47c84008d5
 full fa0eb40e 08cc 4673 bf7c f9828702c800
イタリアの中部にあるマルケ州の伝統的なお菓子「フィグログ」。サラミのような見た目の冬の保存食で、日本ではなかなか手に入れることができなかったのですが、マルケ州の伝統的なレシピをもとに『デルタインターナショナル』がこだわりの食材で丁寧に作りました。イチジクの甘味にプチプチとした食感はもちろん、ハチミツとラム酒を使うことでナッツの旨みや香りがによりぎゅっと濃縮され、さらに黒コショウがピリッと全体を引き締めています。冷蔵庫で冷やして薄くスライスしてパンにのせるだけで絶品です。
紹介記事
パンにワインに好相性 “イチジクでできた丸太“という意味の「フィグログ」(荻山和也)
5:「無病息災」の願いを込めた縁起物菓子「六瓢息災」
 full c6dbae63 2580 4c03 b4e0 793f4e1f9635
縁起物の6つ揃った瓢箪(ひょうたん)「六瓢(むびょう)」と「無病」をかけて「六瓢息災(むびょうそくさい)」と名付けられた焼き菓子。国産の生姜を丁寧に手で剥き1年以上蜂蜜に漬け込んだものと、数ヶ月漬けたフレッシュなものに分け、ナッツやドライフルーツなど体に優しい素材とともに焼き上げています。

ブランド名:廣尾 瓢月堂
商品名:六瓢息災(むびょうそくさい)(お取り寄せ可)
紹介記事
「無病息災」の願いを込めた縁起物菓子「六瓢息災」(谷口信江)
6:水曜日の午後しか買えない!!手作りのよさが活きた『ルクリア』の「いちじくのパン」
 full f51bc5e9 6bfe 48d4 b410 96bf0370287e
水曜日の午後3時から午後7時30分までという、わずか5時間にも満たない営業時間にも関わらず人気のパン屋さん『ルクリア』。パンには国産無漂白の小麦を使っているので、生地の色は少し茶色がかって見えますが、それはきちんと選んだ小麦だからこそ。とことん安心な材料を選び、手作りにこだわったお店のイチオシは「いちじくのパン」。いちじくの凝縮された甘味が噛めば噛むほどに感じられ、そのままではもちろん軽くトーストしてもおいしいそうですよ。
紹介記事
水曜日の午後だけ販売!手作りの良さを伝えたい、『ルクリア』のパン(二階堂多香子)
ippin編集部

あわせて読みたい