Icon loading md
7336294 full 44b75481 cde5 47d4 8978 7a3bacf4a826
これでマンネリ解消!手土産にすればインパクト絶大のユニークでかわいい最中
ippin
2018.10.26 21:30
最中というと渋い手土産のイメージがありますが、今はユニークで可愛らしい形の最中がたくさんあります。今回は編集部がおすすめしたい差し出せばインパクト大な変りダネ最中6選をご紹介します。
羊のモチーフにおもわずにっこり!北海道士別市『三吉屋』の「こもちめんよう」
 full 0147f47e d543 4819 91c6 cd377a9b76b2
 full 8402efe3 647f 43dc b65f 14a7245c0be3
フランスでは最高級ラム肉として知られている、食肉用種の羊“サフォークラム”で名高い北海道士別市。そんなサフォークラムをモチーフにした最中を販売しているのが地元の和菓子屋さん『三吉屋』です。「こもちめんよう」という商品名の最中には北海道産小豆をふんだんに使ったあんこをたっぷり詰め、さらにお餅も入れることでネーミングの“小餅”と“子持ち”にかけているのだそう。見た目も愛らしいので差し入れにもぴったりですね。
紹介記事
“サフォークラム”で有名な北海道士別市の最中「こもちめんよう」(井出美香)
色鮮やかな赤が印象的!思わず写真におさめたくなる「加賀八幡 起上もなか」
 full 65c0393c ea87 494c 82c9 22a59dfaf0f1
 full f7ac245c 53d7 4191 a4b8 ab8cdf0978d5
箱を開けると色鮮やかな赤がパッと目に飛び込んでくる「加賀八幡 起上もなか」。和風マトリョーシカのようにも見え、思わず写真におさめたくなるパッケージが印象的。金沢市の伝統工芸品“加賀八幡起上がり人形”のおきあがりこぼしをモチーフに作られた最中です。パリッと焼きあがった薄い最中の中に、上品な甘さの小倉餡がぎっしり詰まっていて、ついもうひとつ!と手が伸びてしまいます。
紹介記事
思わず食べるのを躊躇しそう!深紅の包みが目にも鮮やかな起き上がりこぼし最中(椿)
パッケージリニューアルで大人気!『なごみの米屋』の「ぴーなっつ最中」
 full 46f8c822 857c 45bb 823d 190a312466dd
 full a38482cd 33d5 41b2 9972 273237559c8c
初詣でも有名な成田山新勝寺の門前町に明治時代からある老舗和菓子店『なごみの米屋』。そんな老舗の商品とは思えないくらいかわいらしい見た目の最中といえばこちらの「ぴーなっつ最中」。販売当初は老舗店らしく和紙に包んだ四角い箱に整然と並べて販売していたそうですが、とあるデザイン会社がパッケージをリニューアルしたところ爆発的な人気の商品になったそう。程よい甘さの落花生を練り込んだ白餡もとってもおいしいですよ。
紹介記事
これはカワイイ!「ぴーちゃん」は成田の大人気ご当地モナカ。(今清水隆宏)
地元の名産をスイーツに!千葉県大原の銘菓「大原名物さざえ最中」
 full 668fcc91 13fd 4aa5 a087 d3ecbf8d03fb
 full 10139e65 5047 4c81 bd85 fc70f5c8d42e
サザエやイセエビ、鮑など質の高い良いものが捕れることで有名な千葉県いすみ市大原。漁港でのお土産には海産物も人気ですが、お菓子で探すならおすすめは「大原名物さざえ最中」。海女さんが描かれたレトロなパッケージで、さざえ型の最中の中には餡がたっぷり。サクッとした皮とほんのり感じる磯の香りの正体はなんと青のり。手土産にすればインパクトも抜群です。
紹介記事
さざえの形が愛らしい・地元銘菓 千葉県大原「大美屋」の最中(内野美佐)
完成度の高さにびっくり!忍者発祥の地で見つけた愛らしい「忍者最中」
 full c5b760ca e972 4353 9f1f 0687d4ee48b2
 full 2519f4c7 ec52 4742 befb c9f047c315cd
三重県北西部に位置する伊賀市はまさに“伊賀流忍者”として名高い地域。そんなエリアで注目を集めているのが『御菓子司おおにし』の「忍者最中」。ひとつずつ手作業で詰められた餡はあっさりとした自然な甘みで、繊細な最中種はほろほろと優しく口の中で溶けていきます。忍者とくノ一の模りの完成度の高さにはびっくりですよ。
紹介記事
知る人ぞ知る!忍者発祥の地で見つけた愛らしい「忍者最中」(izumin)
喜怒哀楽がユニーク!インパクト絶大な『三宅製菓本店』の「備中神楽面最中」
 full a8a7144c f07c 42ec ae14 e04795bf2d69
 full 2f6172b1 331c 4105 86a5 a4e3262710a1
見た目のインパクトが絶大といえば創業明治38年の老舗『三宅製菓本店』の「備中神楽面最中」。備中神楽のお面をモチーフにしており、喜怒哀楽を表現したひとつずつ顔が異なるユニークさも魅力です。大粒のあんをサクサクした最中で挟んであるので、普通の最中よりも大きく食べ応えも抜群。そのままではもちろん、冷蔵庫で冷やしたり、おしるこにして食べてもおいしいそうですよ。

ブランド名:三宅製菓本店
商品名:備中神楽面最中 倉敷緞通付
紹介記事
大粒のあんと喜怒哀楽を感じる最中種がインパクト大の「備中神楽面最中」(島田徹)
ippin編集部

あわせて読みたい