3か月過ぎても復興進まず。平成30年豪雨被災地、肱川水系の現在
HARBOR BUSINESS Online
2018.10.26 15:31
 去る2018年7月7日、未曾有の豪雨によって西日本広域で歴史的な大水害が発生しました。
 当日、高知県でも高知自動車道の流失と通信線切断による全県における電子決済(電子マネー、クレジットカード)の停止、一部河川の危険地域における氾濫が生じましたが、1998年の高知大水害(以下、98高知大水害)のような社会機能を破綻させる大きな水害は発生しませんでした。これは、98高知大水害を契機に中小河川での堤…

あわせて読みたい

肱川水害はダム最優先の治水行政による行政資源の配分の失敗の産物
HARBOR BUSINESS Online
ロボットは感情を持った家族になる。スマートスピーカーの進化系? ”BOCCO emo”
CAMPFIRE
肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災
HARBOR BUSINESS Online
ダムを境に被害が分かれていた肱川大水害。復興進まぬ肱川水系調査で判明
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害は、愛媛県と国土交通省の60年に及ぶダム偏重治水事業「肱川方式」の失敗が招いた災害
HARBOR BUSINESS Online
「下流域を守る」ためのダムが下流域に被害!? 9人の死者を出した愛媛県・肱川水害
HARBOR BUSINESS Online
橋が破壊され二階まで浸水した肱川大水害被災地。傷痕は今もなお一目瞭然
HARBOR BUSINESS Online
死者50人を出した倉敷市真備地区の被害の要因!? 高梁川上流・河本ダムの「異常放水」
HARBOR BUSINESS Online
球磨川の悲劇を繰り返さないために。なぜ日本の水害対策は「命を守る」視点が欠けているのか?
HARBOR BUSINESS Online
「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
利水から治水へ~洪水対策としてのダム活用
ニッポン放送 NEWS ONLINE
大氾濫を引き起こした異常放水の主因は「初動の遅れ」。西日本豪雨災害は明らかに「人災」だ
HARBOR BUSINESS Online
被害収まらぬ中飛び交う「ダム翼賛論」が間違いである理由
HARBOR BUSINESS Online
ダム操作のルールに固執して事前放流せず、「確信犯的な殺人だ」と住民怒りの声
HARBOR BUSINESS Online