Icon loading md
7325973 full 615d6d4d 1c59 41ff aabb 4b91e682ac8e
ヒルズのレストランがリニューアル 予約困難な“あの焼き鳥店”の分店が!
CREA
2018.10.24 20:00
◆鳥おか [六本木]
シックな空間でいただく 厳選された11本
 full bfd5670a 2a91 465f b6b4 61e6569969ca
今宵は、珠玉の焼き鳥とおいしいお酒をたっぷり楽しみます。
 2018年9月13日(木)、六本木ヒルズのウェストウォーク5階「プレミアムダイニングフロア」がリニューアル。六本木の食文化の顔となる 9店が新たに加わった。そのなかでも群を抜いて注目されているのがこの「鳥おか」。
 なんと、予約困難店として知られる目黒「鳥しき」の分店。「鳥かど」に続く3店舗目が、モールの中だなんて!  ちなみに「鳥おか」の「おか」は、ヒルズから由来している。
 full c1ea0532 5331 4612 801f 7b9c18f2aefa
お洒落な関係図。これを見ただけでわくわくしてくる。
 開店時間の17時ちょうどに到着。おお、今夜も予約で満席だ。シックな内装は「鳥かど」と似ているね。コの字型のカウンターは6、6、6の18席。ほかに4名用個室が2つある。
 full 1b9c9b43 3533 45fa a1ce 3708d250823b
店を任されているのは、「鳥しき」はもちろん「鳥かど」でも研鑽を積んだ黒崎さん。
 まずはここのシステムを紹介しよう。本店「鳥しき」では、30種ほど揃えたその日のネタから出てくるおまかせの串を、お腹の具合を見てストップをかける方式。
 しかし、「鳥おか」では、おまかせ串11本のコース7,300円(税・サ別)となっている。〆のごはんについては、のちほど。
 お通しは「季節のお野菜」。蕪の甘酢漬け、オクラ、プチトマト、エシャロット、胡瓜と鳥しぐれ煮(肉味噌)。お代わりOKの大根おろしもやってきた。
 full d3848b18 4e7f 45c3 96ab 965449685240
この肉味噌がめっぽううまい。幸先のよいはじまりとなった。
 「かしわのモモ」。噛めば口いっぱいに広がる肉汁。1本目からしっかり魅了されていく。
 full 472d6c60 7c19 400c b378 e3c220b3f3ab
卓上に七味や山椒を用意。お好みに合わせてどうぞ。
 さあ、焼き鳥に合わせて何を飲もう。ライディーンIPA(1,200円)がいいかな。ノンアル派には黄金しょうがのジンジャエール(880円)をおすすめ。
 ほかに、ワイン、日本酒、焼酎、ハイボール、レモンサワーなども用意。ワイン持ち込みの場合は、コルケージが3,000円かかる。
 full 5badd70d 6fcb 4cff be05 c67ac627bd83
 full f4b330c3 c2a2 47f7 9b58 780a8efbbd6c
焼き鳥に合う飲み物をしっかりラインナップ。
 続いて、「砂肝」、「ナミ」とこちらで呼んでいる首の皮。
 full f6dec6f1 aa92 4d55 9ae2 3ce391b64960
 full 2b64c93e ea9f 4a07 824c 7a09cc4d0bec
サクサクした歯応えのあとに、ジワッと脂の串。出し方も巧みだ。
 「白玉」は、うずらの卵のこと。半熟に火入れされ、黄身がとろりと串にからみつく。
 full 3343d7b1 0fc3 4033 872d 98ee7149da45
これもお楽しみの1本。
 「椎茸」。97%が水分だという代物を、カラッカラにならぬよう油や醤油で“保湿”しながら焼いていく。
 つくづく感じるが、「鳥しき」系は野菜の焼きが実にすばらしい。夏にいただいたトウモロコシを思いだした。来年の夏はこちらでもいただけるだろうか。
 full 6b975ac2 4a6e 4dcb a386 542def7478eb
徳島の原木椎茸を使用。しっとり感をハフハフしながらいただく。
 待ってました! の「血肝」。レバーである。
 full 5b044810 ca83 4985 87a4 6fb7114efdf4
タレの甘み、ほのかな鉄分がまたいい感じ。
 それにしてもテンポがいい。そうか、焼き台が1台の「鳥しき」に比べ、こちらは2台でやっているのだ。タッタッタッタと小気味よいリズムを刻む団扇の音。若手焼き師ふたりの動きも清々しい。
 full d1321986 0d69 4e28 a74c 27cab3b23129
この光景を見ながら、次に何が出てくるのか待つ時間も楽しい。
〆の逸品も「鳥おか」スタイルで! これがまたすばらしい!
「厚揚げ」が運ばれる。実はこれも好きなひと品。
 full 9da1736e 418c 487e b057 14bfe7230d97
外はカリッ、中はしっとり。箸休めにぴったり。
 「手羽先」。これまた本店鳥しきのスペシャリテ。ここでも味わえるのはうれしいな。塩をふってじっくりと焼き、仕上げに香りづけとして醤油をひと刷毛。この手間が肝心。
 full bfaf5782 0514 4433 9849 9fc6703789d7
骨から身をはがす時に立ち上る湯気もごちそうだ。
 銀杏の串をいただいたところで、卓に動きが。「ごはんのお供でございます」と、4品が運ばれる。鳥しぐれ煮、たらこ炙り、海苔佃煮、香の物。さあ、締めのごはんの準備だ。
 full 74ec6ff2 4135 4c42 a078 a32b76b37d59
日本酒党ならこれでまた飲めちゃうラインナップ。
 そして、やってきたのが炊きたての土鍋ごはん! 「鳥しき」での締めは親子丼や焼きおにぎりだったが、こう来たか! 米は月替わりだそうで、10月は北海道のゆめぴりか。
 full fa774423 1a58 4444 ac56 699cb0538894
2人で1.5合。ちょうどいいポーション。
 これで串が終わりではないのもポイント。ごはんと一緒にどうぞと、まずは「ぼんじり」。
 full 25c5f2ee 980b 4b27 86ab d0adbe203f8b
脂をごはんに移して食べるのがまたイイ!
 「つくね」は、こうしてごはんにのせて食べるのが最高。鳥スープもくるので、お茶漬けにしてさらさらっとやっている人もいる。
 full 5bfb8e6e 7b35 4082 a2da 99298928828c
タレを多めにすくってごはんの上へ。七味を少々。
 こんな夢の組み合わせが実現されるなんて! と、ひたっていたら、まだお腹に余裕があれば串の追加がございますと、うれしいお声掛け。「ハツモト」と「食道」をいただく。
 full 370c513b cc04 4587 9b18 61c280225388
 full 9cfc1a44 7289 4f77 93fd 38026236e2c0
串打ちのテクニックが問われる2本。大満足。
 最後に、みなさんが気になっているであろうことをいくつか。まず、「鳥しき」でやっているお持ち帰りの弁当について。まだ態勢に余裕がないので、現状では受け付けていないが、いずれはやりたいとのこと。
 さらに! 現在はディナーのみの営業だが、ゆくゆくはランチを始めるつもりだそうだ。
 予約については、現在は10日の13時から翌月分を電話で受け付けているが、年内には、ネット予約を開始予定とのこと。よーし、また頑張って予約を取るぞ。
鳥おか(とりおか)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク5F
電話番号  03-6447-2933
営業時間 17:00~23:00
定休日 不定休(六本木ヒルズに準ずる)
予算 10,000円~
[2018年10月訪問]
Keiko Spice(けいこ すぱいす)
東京都生まれ。得意なディスティネーションはハワイと香港。普段は3日に1回のペースで焼肉を中心とした食生活。別名「肉の妖精」。
文・撮影=Keiko Spice

関連コンテンツ