イエメン、1200万人に食料危機 「世界最悪の飢餓」に直面
AFPBB News オススメ
2018.10.17 05:58
【10月17日 AFP】国連(UN)の世界食糧計画(WFP)は16日、内戦で荒廃したイエメンの治安と経済状況が改善されなければ、同国民1200万人が近く飢饉(ききん)に見舞われる恐れがあると警告した。

 WFPの報道官はスイス・ジュネーブで記者団に対し「イエメンは現在、世界最悪の飢餓の危機に直面している。国内全土で1800万人近くが、次の食事のめども立っていない」と語った。すでに800万人以上が…

あわせて読みたい