時代やジャンルを超越するアートとは。リチャード・タトル展「8, or Hachi」が小山登美夫ギャラリーで開催
美術手帖
2018.10.14 08:00
 リチャード・タトルは1941年アメリカ、ニュージャージー州生まれ。ハートフォード市のトリニティ大学で哲学と文学を学んだのち、24歳で美術家としての活動をスタート。34歳のときに開催したホイットニー美術館での個展は話題を呼び、タトルの美術家としてのキャリアに大きく影響した。 これまでにサンフランシスコ近代美術館、ホイットニー美術館、テート・モダンなどでの個展を開催してきたほか、ヴェネチア・ビエンナ…

あわせて読みたい

渋谷ヒカリエに、リチャード・タトルの版画展を観に行こう。
Pen Online
不完全なこの世界で、アーティストとしてできること。リチャード・タトル×青木淳対談
美術手帖
追求するアートの「おもしろさ」。小山登美夫インタビュー
美術手帖
今年見るべきアートがこの一冊でわかる! Pen 8月1日号「あのアートが見たい。」発売中です。
Pen Online
篠山紀信からポスト・ミニマリズムの代表作家まで、今週末に見たい3つの展覧会
美術手帖
菅木志雄の新作展「測られた区体」が小山登美夫ギャラリーで開催。ものと人における思考のエネルギー、その流動性を問う
美術手帖
ライアン・マッギンレー、日本で2年ぶりの個展「MY NY」
IMA ONLINE
圧倒的な存在感が表わす人間の根源。「遠藤利克―聖性の考古学」の生と死の畏怖と歓喜。
Pen Online
小山登美夫ギャラリー専属アーティストによる「大竹利絵子・川島秀明・小出ナオキ作品展」を渋谷ヒカリエで開催
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
リチャード・セラ、日本では約20年ぶりの個展。日本の美学から受けた影響を語る
美術手帖
現代アーティスト、ソピアップ・ピッチ氏が「アーティストトーク」を実施。
VOGUE JAPAN
5年に一度の「ドクメンタ14」から見えた、魅力的作品とギリシャの現実。
VOGUE JAPAN
フロリアン・クラールが 発電所美術館で個展を開催。 大規模インスタレーションから現る 無意識の森のなかの物語とは?
美術手帖
ピエール・ユイグが岡山芸術交流で目指すもの。「超個体(スーパーオーガニズム)」とは何か?
美術手帖