最初から最後まで、油の扱い方がきめ手です――陳建民(四川飯店主人)
クロワッサンオンライン
2018.10.01 07:45
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は日本で四川料理を広めた、あの名料理人の言葉を紐解きます。 文・澁川祐子 1977年10月号「中華鍋がひとつあれば……」より 最初から最後まで、油の扱い方がきめ手です――陳建民(四川飯店主人) 四川省出身の陳建民さん(1919-1990)は、四川料理の料理人として19…

あわせて読みたい

料理というのはモノによって扱いを変える、材料を見分けて使う、ここが大切です――田村平治(「つきぢ田村」主人)
クロワッサンオンライン
一口に足っていったって寸法はかってみると、鼻の形が違うように、みんな違うのよ――荒井義雄(「めうがや」主人)
クロワッサンオンライン
額なんて心のぜいたくをする部分なんだからね――中村公一(「ラパン・アジル」店主)
クロワッサンオンライン
ケチは結局ソンになるんだよ――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
じっと皿を眺めて、これにはこんな料理を盛ってやろうなんて考えるんだよ――茂出木心護(「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
国によって、時代によって、味の好みも作り方も変ってくる――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
割ることを恐れて使うより、安くても口当たりのいいものを買って、毎日よく使うこと――入部隆司(レストラン「シェ・フィガロ」主人)
クロワッサンオンライン
一人前をセットできるものの上に並べると、すべてがはえるのです――西川勢津子(家事評論家)
クロワッサンオンライン
武器による防衛ではなくて、平和思想こそが〈くに〉を守る先制攻撃――住井すゑ(作家)
クロワッサンオンライン
味噌汁は自由に作るべきもので、こうでなければという規則はありません――高橋博(永田町「瓢亭」主人)
クロワッサンオンライン
外から与えられたものに頼って生きていくのは止めようと思いました――秦早穂子(映画評論家)
クロワッサンオンライン
物を見ることを1日でも休んだらおわりです――磯崎勇(まいづる屋店長)
クロワッサンオンライン
時々、死んだ人々が昨日まで生きていたように懐かしくなる――F・トリュフォー(映画監督)
クロワッサンオンライン
目的のない時間をたっぷり持っている人は、当然早く老けますね――樋口恵子(婦人問題評論家)
クロワッサンオンライン