Icon loading md
7206037 full a012882d 7655 4d42 b635 e0af73868fa2
紅葉が彩る「星野リゾート」で 旬のフルーツや極旨かまぼこに舌鼓
CREA
2018.09.27 07:00
 フルーツをバーベキュースタイルで。庭師と庭園散策。秋の夜長を楽しむ女子会……。
 今秋、星野リゾートが提案するのは、ほかでは体験できないユニークなプログラムの数々だ。その中から、紅葉を愛でながらご当地の秋を存分に満喫できるすすめプランをご紹介!
秋のフルーツをBBQで味わう
◆星のや軽井沢
 full a9dcfb5d ef31 4abd 962f 189410ccaa83
敷地内に広がる棚田と紅葉を見渡せる「棚田テラス」。その中でも、星のや軽井沢の秋の象徴とも称される、赤く色づく楓の木を目の前に眺められる特別席がこの秋のティータイム・プログラムの舞台となる。
 「お盆を過ぎれば秋」とは、地元・軽井沢の住人がよくいう言葉。その言葉どおり、軽井沢には都内より一足早く秋が訪れる。
 豊かな自然の中で過ごす“休息の時間”を満喫できる「星のや軽井沢」では、軽井沢ならではのおもてなしとして、秋に旬を迎えるフルーツをオリジナルスタイルで提供する“紅葉フルーツBBQ”を開催中だ。
 full 51657c2e 1b99 41ce be34 dd0b026d324d
この時期だけのティータイム・プログラム“紅葉フルーツBBQ”は2018年11月9日(金)までの期間、1日1組限定で開催。1名 13,000円(税・サ別、宿泊代別)。
 秋のティータイム・プログラム“紅葉フルーツBBQ”に用意されるのは、プルーンや桃、林檎、プラム、葡萄、洋梨など、信州が国内生産量の多くを占める、秋のフルーツ。
 BBQのようにホットプレートで焼いて味わったり、“フルーツフォンデュ”にしたり、生のフルーツと食べ比べをするなど、自分好みで旬の味覚が楽しめるという、ユニークな趣向だ。フルーツは熱を加えることで甘みを増すので、BBQ焼きフルーツやフルーツフォンデュで、果実のおいしさが再発見できるはず。
 full 084e3000 6b56 49cf adc7 022fd630cdd0
温めたカスタードクリームに、焼いたフルーツをつけて楽しむ“フルーツフォンデュ”も用意。バゲットにカスタードクリームを塗り、好みに合わせてフルーツサンドを作ることもできる。
 BBQの合間やシメにぜひ味わいたいのが、林檎の皮のお茶(果皮茶)で作ったオリジナルのフルーツティーだ。フルーツが詰まったティーポットに林檎の果皮茶を注げば、林檎の香りに葡萄や無花果など、さまざまなフルーツの香りが加わった、複雑で華やかな風味が楽しめる。
 full caa0ce92 4491 491e a3dd 28caf5c3b5da
信州名産の林檎の皮を煮出した果皮茶は、ほのかなピンク色。SNS映えするキュートなお茶だ。
 1日1組(2~4名)限定開催の“紅葉フルーツBBQ”は、宿泊者限定のプログラム(除外日あり。7日前までに要予約)。女子旅や親子旅にぴったりの内容なので、この秋の温泉旅行はぜひ星のや軽井沢へ。
星のや軽井沢
所在地 長野県軽井沢町星野
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
https://hoshinoya.com/karuizawa/
デジタル機器から離れて過ごす
◆星のや京都
 full 22c76bed 0f73 44af b106 6f8effa285b0
“脱デジタル滞在・秋~職人と秋を探して~”1名 40,000円(税・サ込、宿泊代・食事代別)は、水辺の茶の子、マッサージの施術(60分)、水辺の深呼吸(30分)、庭師による秋の庭ツアー(30分)、朝日焼絵付け体験(60分)を含んだプログラム。2018年11月30日(金)まで、1日1組限定(除外日あり、日程や天候により一部プログラム変更の場合あり)。
 四季折々の豊かな自然に囲まれた、嵐山に佇む全室リバービューの旅館「星のや京都」では、1泊2日の滞在型プログラム“脱デジタル滞在・秋~職人と秋を探して~”を開催している。
 この“脱デジタル滞在”は、デジタル機器から一時的に離れ、京都の文化や景色、人との出会いを楽しみ、リフレッシュすることを目的としたプログラムだ。
 full 30edd8b5 7f10 4726 9c2b 7c710faadf1c
チェックイン時には、ウェルカムスイーツとスパークリングワインが用意される。
 ウェルカムスイーツとスパークリングワインで出迎えられ、チェックイン後、まずはスマートフォンやタブレットなどのデジタル機器を預けることで、日常生活から完全にオフモードに。
 毎年人気のこのプランだが、今年2018年の秋は、昨年も開催して好評だった職人から教わる“朝日焼絵付け体験”に加え、新たに“庭師による秋の庭ツアー”がプログラムに組み込まれた。
 “庭師による秋の庭ツアー”は、創業170年の歴史を持つ京都の造園会社「植彌(うえや)加藤造園」の庭師とともに、秋の「星のや京都」の庭を巡るというもの。
 full 61ef667e 724a 47fc 95c2 0d3f899769c2
色づく落ち葉をあえて数枚残して庭を掃き清めたり、もみじがアーチを描くように木々の手入れを行ったり。“庭師による秋の庭ツアー”では、星のや京都の庭園管理を担う「植彌加藤造園」の庭師が、秋の景色づくりに込めた想いなども話してくれる。
 この時期の星のや京都の庭では、もみじが赤や黄色に色づき、キンモクセイやシュウメイギクなどの草花からも秋の訪れを感じることができる。庭師ならではの視点でその時期いちばんの見どころを眺めることで、星のや京都の秋の庭の魅力に気づくことができるはず。
 庭ツアーの後は、樹齢約400年の真っ赤なオオモミジの木や、赤や黄色に色づいた木々、秋草が茂る「奥の庭」で朝日焼の器に絵付け体験を。朝日焼の窯元は、京都府宇治市の朝日山のふもとに築かれ、約400年の歴史を持つ。初代は高名な茶人、小堀遠州(こぼりえんしゅう)の指導で茶器を焼いたとされ、宇治の茶文化と共に育まれてきたのだとか。
 full c80365a1 81b4 474d a3b9 b8740103b234
朝日焼の職人が講師を務める絵付け体験。奥嵐山の自然の中で思い思いに器に絵付けをした器は、後日窯で焼成を行い、参加者の自宅に郵送される。
 職人たちとのふれあいで奥深い京都の文化を体感し、さらには客室でのマッサージ施術や、心身を整える水辺の深呼吸などで日常の疲れを癒すことができるこのプラン。1日1組限定(1組1~2名)のプランなので、ふらりと京都を訪ねるひとり旅にもおすすめだ。
星のや京都
所在地 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
https://hoshinoya.com/kyoto/
紅葉と小田原名物を 満喫する女子会
◆星野リゾート 界 箱根
 full ac87da86 4314 47d7 8cb2 4ac7f8f9e4ad
“紅葉かまぼこ女子会プラン”には、かまぼこセット、寄木キャンドルリース、同プラン限定部屋菓子、 須雲川遊歩道散策マップが含まれる。紅葉を愛でながらの湯浴みも楽しんで。1泊2食付き 45,500円~(2名1室利用時の1名料金/税・サ込)
 箱根からほど近い小田原では、古くから多くの旅人にかまぼこが親しまれてきた。現在では、もみじやススキが描かれたかまぼこが登場するなど、風味や食感はもちろん、目でも楽しむことができる。
 「星野リゾート 界 箱根」がこの秋提案する“紅葉かまぼこ女子会プラン”は、そんな色とりどりのかまぼこの食べ比べをしながら、客室で湯坂山(ゆさかやま)の紅葉を眺めようというもの。
 full 06ece9e1 bece 4076 8d61 34b9fdfdaccb
色とりどりの小田原名物のかまぼこを肴にお酒を嗜み、部屋でまったりと紅葉を愛でる。贅沢な女子会プランで、秋の夜長を存分に満喫して。
 宿から徒歩15分。須雲川(すくもがわ)遊歩道では、箱根の紅葉をより間近に見ることができるので、滞在中に一度はぜひプラン特典のオリジナル散策マップを片手に遊歩道散策へ出向いてみて。
 またこのプランでは「界 箱根」オリジナルの寄木細工のモチーフを使った、“寄木キャンドルリースづくり体験”もお楽しみのひとつ。須雲川遊歩道の散策中に見つけた木の実や落ち葉を寄木のキャンドルリースの装飾に利用して、世界にひとつのリースを旅のおみやげに。
 full c2796d06 d085 448b b025 99bb18fe6273
箱根寄木細工と木の実などを思い思いに飾り付ける、“寄木キャンドルリースづくり”(2,500円~)も、女子旅ならわいわい盛り上がれること必須。ハロウィンの時期には、カボチャやキノコ、クリスマスの時期には、ベルや長靴などをモチーフにしたリースを。
星野リゾート 界 箱根
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋230
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
https://kai-ryokan.jp/hakone/
文=立花奈緒(ブレーンシップ)

あわせて読みたい