Icon loading md
7191650 full 9c242a3a 1e9c 45f0 9f30 f19d528f09d2
お酒の量も思わず倍増してしまう!?干して旨味が倍増したとっても美味い干物3選
ippin
2018.09.24 07:15
食べ方がいろいろ楽しめる、魚貝類。好みの食べ方がある方も多いかと思いますが、干物だと保存期間も延びて、熟成されるため旨味も形成されます。今回は、干して旨味が形成された魚貝類を厳選して紹介します。苦手な方もこの機会に一度食べてみてください!
干物に使うのは、深層海水の天日塩のみ!
 full d93c1691 70ee 4e79 987d 15fe6e811492
昔ながらの一日漁を行っている島根県大田市から届いた珍しい干物が、『有限会社 岡富商店』の「あなごの一夜干し」です。30cmを超える大きな穴子を深層海水の天日塩のみで干物にしています。素焼きにすると、焼くと皮目はパリッと香ばしく、身はむっちりとしていて、食べ応え満点なのだとか。「あなごの一夜干し」でしか食べられない味、ぜひ楽しんでください。
 full 9c9fc814 8d9c 482c 90c1 7edd7b606d51
紹介記事
圧倒的迫力と美味しさ!島根が誇る無添加“一本穴子の生干物”(齊藤美絵)
富山県産のホタルイカを使用!
 full 162e662e 6d5b 49a0 8d61 61618473bcd0
生で食べるものだと季節が限られてしまいますが、加工品ですと一年中食べることができます。3月~6月ぐらいが旬の生のホタルイカが加工品で美味しく食べられるのが、『幸のこわけシリーズ』の「ほたるいか浜干し」です。富山県産のホタルイカを海洋深層水で漬け洗いし、そのまま干しているそう。そのため、口に含むとホタルイカの味がより濃厚になり、旨味もまして、ついお酒が進んでしまうとのこと。ホタルイカを使った商品も他にありますので、ご興味がある方は『幸のこわけシリーズ』をチェックしてみてください。
 full 533ecd54 f5cf 44a9 ac35 607f1b6af175
紹介記事
最強のお酒のお供!越中富山の「幸のこわけ」(前田紀至子)
紹介記事
海洋深層水でほたるいかの旨味が倍増!お酒のツマミにもピッタリ「ほたるいか浜干し」(北西大輔)
明治時代から作られていたという珍味!
 full 1547b989 7863 41ab 8dc1 2f0cf3a1acc8
晩酌で贅沢をしたい!ときにピッタリなのが、『株式会社天たつ』の「干うに自宅用プラ容器入15g」です。1つのうにから1グラムしか作れないそうで、1940年頃に製造禁止になり2011年に復活したとのこと。噛むとねっとりした歯触りがあり、甘さと、軽い塩気があって、わずかにうに特有の苦みも味わえるそうです。福井の浜で明治時代から作られていたという珍味、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。
 full d79c2f60 b3d9 4a25 a70e 914bc4ea5862
紹介記事
ねっとりとした歯触り!究極の酒のアテ。その名は干しうに
ippin編集部

あわせて読みたい