マクロン大統領、アルジェリア独立戦争中の拷問で仏政府の関与認める
AFPBB News オススメ
2018.09.14 13:06
【9月14日 AFP】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は13日、アルジェリア独立戦争(1954~62年)の最中、拷問を行う「システム」をフランス政府が後押ししたことを認めた。

 アルジェリア独立戦争後生まれの初の仏大統領であるマクロン氏は、これまでのどの仏大統領よりも踏み込んで、アルジェリア独立戦争中にフランス軍兵士らが行ったとされる虐待の規模の大きさを認…

あわせて読みたい

植民地主義は「重大な過ち」、仏大統領がコートジボワールで発言
AFPBB News オススメ
フランスがマリで直面するもう1つの対テロ戦争
Newsweek
仏国民の「気持ち冷めた」、マクロン大統領就任100日直前
AFPBB News オススメ
仏イスラム指導者ら、過激派対処の「憲章」 に合意 マクロン氏称賛
AFPBB News オススメ
マクロン仏大統領がチャド訪問、兵士らと早めのクリスマスディナー
AFPBB News オススメ
マクロン大統領、バルカン作戦のフランス兵らと「クリスマスディナー」
AFPBB News オススメ
ルワンダ大虐殺へのフランス軍関与疑惑、当時の司令官が否定
AFPBB News オススメ
マクロン仏大統領の支持率54%、前月から10ポイント下がる
AFPBB News オススメ
仏、旧植民地ベナンへの文化遺産返還へ マクロン大統領が同意
AFPBB News オススメ
「脳死」なのはマクロン氏… トルコ大統領が痛烈批判
AFPBB News オススメ
IS復活阻止は「必須」、仏大統領がトランプ氏に言明
AFPBB News オススメ
ギロチンの競売、フランスで物議 105万円で実業家が落札
AFPBB News オススメ
ブルキナファソで救出の人質3人、フランスに到着 一人は偶然見つかった韓国人女性
AFPBB News オススメ
仏大統領、EV拡大で国内自動車業界の再生目指す 9400億円支援表明
AFPBB News オススメ