会話の苦手な営業マンが、全社表彰の舞台に上がったワケ
talentbook
2018.09.14 10:00
日本ストライカー全社を対象とした社内表彰で、ただひとり「やってみなはれ大賞」を受賞した営業マン、荒木健太。評価されたのは営業成績だけではなく、新しいことへの積極的な取り組みや、チームへの貢献度の高さでした。荒木は“なぜ”を追求し、自分の能力を最大限に活用することで、営業という仕事に向き合っています。…

あわせて読みたい

マーケティングで、日本企業はさらに強くなる。強みを生かし、企業変革を後押しする
talentbook
「皿洗い好きなんですよね!」 温水洋一さんの知られざるライフスタイルとは!?
UR LIFESTYLE COLLEGE
研究職だからこそこだわった。ドクターや同僚たちとともに進める臨床開発
talentbook
ファイナンスの知識と経験を武器に新たな仕組みづくりへの挑戦
talentbook
新進気鋭の女性営業担当が日本ストライカーで実感する“All for One”
talentbook
医療ロボティクスの若きフロントランナー。ユニークなキャリアを生かした飽くなき挑戦
talentbook
留学生たちの卒業後やいかに?
東洋経済オンライン
自由を求める若き営業マンが、ベテランだらけの新天地で躍進へ
talentbook
最高の医療技術を日本に導入したいーー外資系企業のマーケターが目指すもの
talentbook
決して平坦ではない、医療ロボティクス資格取得への道。彼女の挑戦を支えるもの
talentbook
新卒でも広い裁量権が与えられる環境。僕の向上心はとどまることを知らない
talentbook
社会人14年目の“ルーキー”が見つけた日本ストライカーの挑戦に満ちた環境
talentbook
海外で成功する日本発ソフトウェア企業を目指して──世界市場に挑む男の野心
talentbook
企業とお客様の懸け橋に──事業マネージャーが抱く仕事への熱い想い
talentbook