手土産を熟知した秘書が推薦!プライベートでも使える絶対外さないギフト
ippin
2018.09.12 17:00
あらゆるシーンで手土産を贈ることの多い秘書の人たちが、普段どんなものをギフトにしているのか気にならずにはいられません。今回はippinキュレーターである秘書のみなさんが、太鼓判をおすスイーツ7品をご紹介します。味も見た目もハズレなしの逸品揃い。ぜひチェックしてみてください。
1:落ち着いたグリーンの箱が上品!『Bicerin』のクッキーサンド「バーチ・ディ・ダーマ」
手土産の条件はおいしいというのが大前提ですが、その他に上品な見た目、軽さ、常温保存OKに当てはまるかどうかが大事、と話してくれた秘書の糟谷さん。そんな糟谷さんが推薦するのが『Bicerin(ビチェリン)』の「バーチ・ディ・ダーマ」です。ホロホロとした食感のクッキーサンドで甘さは控えめ。プレーン、コーヒー、抹茶の3つのフレーバーがありどれも上品な仕上がり。深みのあるグリーンの箱がシックにきまります。

ブランド名:Bicerin
商品名:バーチ・ディ・ダーマ 15個入(お取り寄せ可)
紹介記事
信頼できるから選ばれる秘書の定番手土産『Bicerin』「バーチ・ディ・ダーマ」(糟谷加奈子)
2:ラム酒がきいた大人の味わい!横浜の名店『リンデンバウム』の「ラムレーズン」
エグゼクティブアシスタントの依田さんのおすすめは、なんといっても横浜の名店『リンデンバウム』の「ラムレーズン」。お店こだわりの手焼きバウムクーヘンの生地をベースに、3週間じっくりラム酒に付け込んだレーズンとバタークリームを混ぜ合わせ、ボール状に整えました。全体をミルクチョコレートとココアパウダーでコーティングし、ラム酒がしっとりと染みた大人の味わいです。

ブランド名:有限会社リンデンバウム
商品名:ラムレーズン(お取り寄せ可)
紹介記事
直径約3.5センチのリッチな味わい!横浜の名店「リンデンバウム」のラムレーズン(依田早苗)
3:新感覚なおこしが誕生!色鮮やかな『粟新』の「いしいし三芳包み」
手土産はおいしく美しいものを選ぶのがモットーと話してくれた弁護士秘書のHalcaさん。そんなHalcaさんが最近出会ったというのが老舗の粟おこし店『粟新』の「いしいし三芳包み」です。お米を蒸して干したあと生姜や胡麻を混ぜ、水飴と砂糖で固めた伝統的なお菓子“粟おこし”からヒントを得た新感覚スイーツ。ほのかなキャラメル風味のお米とアーモンドを使ったサイコロ状の生地に、抹茶やきなこ、ココアをまぶした、見た目にも愛らしい一品です、

ブランド名:粟新
商品名:いしいし三芳包み(お取り寄せ可)
紹介記事
手土産にピッタリな奥ゆかしさの「いしいし三芳包み」(Halca)
4:豊富なバリエーションが魅力!『日本橋錦豊琳』の「かりんとう」
続いてはエグゼクティブアシスタントの矢野さんが教えてくれた、上品な出で立ちが目を惹く『日本橋錦豊琳』の「かりんとう」。素材本来の自然な風味を大切にし、生地は国内産小麦100%を使用するというこだわりよう。一番人気の“きんぴらごぼう”は、甘さと一味唐辛子のピリッとした辛味が絶妙にマッチ。その他にも五種の野菜を練り込んだ“野菜”や定番の“黒糖”など、どれを食べてもハズレのないおいしさが魅力です。

ブランド名:日本橋錦豊琳
商品名:日本橋錦豊琳のかりんとう6個セット(お取り寄せ可)
紹介記事
駆け込みOK!新幹線に乗る前に買える東京みやげ「日本橋錦豊琳のかりんとう」(矢野茉莉子)
5:ふんわりやわらかな印象を与えるならこれ!バターたっぷりの焼き菓子「オクシタニアル コッコ」
大手企業の秘書を務める佐藤さんが手土産によく利用するという、フランス菓子専門店『オクシタニアル』の「オクシタニアル コッコ」。こちらはバウムクーヘンで有名な『クラブハリエ』が手がけるブランドで、名前も見た目も愛らしさ満点。ふっくらとしたたまご型の焼き菓子はバターがたっぷりきいていてしっとりとした食感。こちらも覚えておきたいですね。
紹介記事
その場の雰囲気を自然と和らげてくれる不思議なスイーツ「コッコ」(佐藤直子)
6:カジュアルなシーンにもぴったり!『ピエール・エルメ パリ』の「サブレ」
マカロンやボンボンショコラで有名な『ピエール・エルメ パリ』で、紹介者の増渕さんがイチオシと推薦してくれたのが、透明な円柱形のパッケージに入ったこちらの「サブレ」。ピンク色が可愛らしい人気のフレーバー「サブレ イスパハン」は、フランボワーズとフルーティーなライチにふんわりと香るローズ風味のシュガーがアクセントになった乙女心をくすぐる一品。品があるのにかしこまらずカジュアルに贈れるのが嬉しいですね。
紹介記事
夏のギフトにおすすめ!『ピエール・エルメ・パリ』の爽やかフレーバーのサブレ(増渕明日香)
7:味も彩りも太鼓判!涼しげな印象を与える『菓游 茜庵』の「一口菓 詰合せ」
秘書の福田さんが涼しげな印象を与える手土産なこれと教えてくれたのが『菓游 茜庵』の「一口菓 詰合せ」です。詰め合わせにはお店の看板商品でコロンとした形が愛らしい“ゆうたま”や濃茶、鳴門金時、小豆といった三種の餡に和三盆糖をたっぷりまぶした一口羊羹“和三玉”などいろいろな種類がたのしめます。夏の手土産におすすめですが、もちろん季節を問わずいつ贈っても喜ばれます。
紹介記事
お好きなものをお好きなだけ召し上がれ!『菓游 茜庵』の「一口菓 詰合せ」(福田美保)
ippin編集部

あわせて読みたい