東京が豪雨に見舞われたら…? 避難法を専門家に訊く
J-WAVE NEWS
2018.09.11 19:00
J-WAVEで放送中の番組『JAM THE WORLD』(ナビゲーター:グローバー)のワンコーナー「UP CLOSE」。9月3日(月)のオンエアでは、月曜日のニュース・スーパーバイザーを務める津田大介が登場。『首都水没』の著者で、公益財団法人リバーフロント研究所技術参与の土屋信行さんをスタジオに招き、東京を豪雨が襲った場合の状況と避難方法について伺いました。



■西日本豪雨は、東京で「1年間に…

あわせて読みたい

「気温が4℃上昇すると4倍増える」地球温暖化と水害が増える可能性を識者が指摘
TOKYO FM+
線状降水帯がもたらす豪雨…水害の識者が警鐘「10月までは少しの雨でも心構えをすることが重要」
TOKYO FM+
いつ起きてもおかしくない地震や水害に備えて…“マイ・タイムライン作り”で自助と共助力を身につけよう!
TOKYO FM+
地震が起きたら「日本一危ない」…水害と闘ってきた“海抜0メートル地帯”の防災教育最前線
TOKYO FM+
豪雨の「水没リスク」、都内地下駅の対策は?
東洋経済オンライン
「荒川氾濫、銀座水没」は本当に杞憂なのか
東洋経済オンライン
台風などでの水害に備えて…「海抜ゼロメートル地帯」が多い東京5区が進める対策強化とは?
TOKYO FM+
地名で「浸水危険エリア」がわかる!? 都市部の“内水氾濫”について専門家が解説!
TOKYO FM+
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
「見たこともない」水害に備える東京の地下洞窟がすごすぎる!|米紙記者が現地取材で驚愕のスケールを体感
COURRiER Japon
東京23区の位置を確認!?│山口恵以子「アプリ蟻地獄」
クロワッサンオンライン
気候変動を踏まえた「流域治水」対策を展開
Wedge[国内+ライフ]
避難指示が出ても逃げ遅れてしまう人の心理
東洋経済オンライン
熊本豪雨で考える日本のダム。川辺川ダムがあれば被害は防げたのか?
HARBOR BUSINESS Online