江戸時代、握りずしブームを支えたのは「あの酢の会社」だった
現代ビジネス
2018.09.08 05:30
「SUSHI(すし)」といえば、今や世界の共通語。日本を訪れた外国人観光客は、築地の有名すし店や回転すしチェーンに群がり、世界の主要都市には必ずすし店が存在し、日本人が知る「握りずし」とは異なる独自の進化を遂げている。さて、その「握りずし」が誕生したのは、今から約200年前の江戸下町。当時の食習慣では、飯は朝晩の2回。そこに屋台の形態で登場した「握りずし」は、昼間、空腹を抱えて働いていた肉体労働者…

あわせて読みたい

お酢の歴史や醸造技術、地元・半田市の魅力が学べるMIZKAN MUSEUM
Walkerplus
ニューヨーク グランドセントラルステーションで食べる回転寿司
ビデリシャス
「おいしい浮世絵」展で江戸グルメを味わう|青野尚子の今週末見るべきアート
Casa BRUTUS
今も昔も“食いしん坊”万歳! すし、天ぷら、花見弁当に白玉―― 浮世絵のなかの“おいしい”を発見
T JAPAN
江戸の風流!酒粕のみで造る飴色の酢「三ツ判山吹」で暑気払い!
ippin
江戸前老舗すし店3軒が考案「糖質オフずし」決定版!
家庭画報
【11月19日New Open!】気軽に寿司をつまんで酒を呑む♪ありそうでなかった寿司呑み処、『スシエビス』が恵比寿にオープン!
PR TIMES
今や納豆の定番「金のつぶ」――業界構造を変えた20年前のイノベーションとは?
HARBOR BUSINESS Online
酢の中の「す」。ツンとくる米酢の酸味、酸っぱさがないフレッシュな有機純米酢
ippin
食通がわざわざ通う、福岡の評判の店「菊鮨」
家庭画報
上品な千枚漬けの爽やかな甘み。京都名店の期間限定鯖寿司「八坂の雪」
ippin
大人の本当の満足がここにある!寿司呑みの極み!恵比寿に2020年11月19日「スシエビス」開店!
PR TIMES
回転寿司で「すし接待」をしたこと・されたことある?その答えがなんと…
CanCam.jp
なぜお寿司は二貫セットで出されるのか? あなたの知らない「お寿司」トリビア
citrus