国によって、時代によって、味の好みも作り方も変ってくる――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
2018.09.03 07:35
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、洋食の名人が語る料理哲学に、耳を傾けてみましょう。 文・澁川祐子 1977年9月号「洋食屋さんの料理」より 国によって、時代によって、味の好みも作り方も変ってくる――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人) 茂出木心護さん(もでぎしんご、1911-1978)は、1…

あわせて読みたい

料理というのはモノによって扱いを変える、材料を見分けて使う、ここが大切です――田村平治(「つきぢ田村」主人)
クロワッサンオンライン
最初から最後まで、油の扱い方がきめ手です――陳建民(四川飯店主人)
クロワッサンオンライン
味噌汁は自由に作るべきもので、こうでなければという規則はありません――高橋博(永田町「瓢亭」主人)
クロワッサンオンライン
割ることを恐れて使うより、安くても口当たりのいいものを買って、毎日よく使うこと――入部隆司(レストラン「シェ・フィガロ」主人)
クロワッサンオンライン
マジックなんです、料理ってのは――豊嶋森太郎(竹亭店主)
クロワッサンオンライン
一口に足っていったって寸法はかってみると、鼻の形が違うように、みんな違うのよ――荒井義雄(「めうがや」主人)
クロワッサンオンライン
レシピーどおり作りゃそれでいいってもんでもないだろ――小野正吉(ホテルオークラ調理部長)
クロワッサンオンライン
いつでも同じ味に作れる料理を二つか三つ持ちなさい――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
お菓子でも料理でも本をみているだけじゃ、いつまでたってもダメ――水野真紀(「トライアングル」店主)
クロワッサンオンライン
分量の狂いは失敗のもと――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
笑って、許して、騙されながら、男は思い出を買い続けます――藤村俊二(俳優)
クロワッサンオンライン
いいキャベツを選ぶ、という以外には、これといって別に工夫なんてないんですよ――木田明利(煉瓦亭店長)
クロワッサンオンライン
イタリアの料理は土地によって色が違う――編集部
クロワッサンオンライン
自然の中で、自然そのものをもろに受けながら生活している人たちの作品は必ず美しい――邊見泰子(植物研究家)
クロワッサンオンライン