ドイツで極右と極左1万人が衝突 彼らを煽る「自警主義」とは - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
2018.08.31 15:30
<欧米で極右と極左の衝突が相次いでいる。両者に共通するのは、国家を信頼せず、自分の手で正義を執行しようとする危険な「自警主義」だ>

欧米諸国では、警戒の強化によってイスラーム過激派によるテロが一時ほど目立たなくなったのと入れ違いに、移民排斥などを叫ぶ極右のデモとこれに抗議する極左がぶつかり、場合によっては死傷者も出す「過激派イデオロギーの衝突」が急増している。伝統的に秩序や法を重んじる国とみなさ…

あわせて読みたい

「歴史のリセット」を夢想するドイツ新右翼「帝国の市民」とは何者か - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
アメリカで台頭する極左アンティファとは何か──増幅し合う極右と極左 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
“憎しみの炎を煽っている”バイデン氏、大統領を厳しく非難
Wedge[国際]
NZテロをなぜ遺族は許したか──トルコ大統領が煽る報復感情との比較から - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
アルジェリア大統領失脚──体制打倒を求める抗議デモとアメリカの微妙な立場 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
「アラブの春」再び? 中東で広がる抗議デモの嵐 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
【カンボジア総選挙】独裁者を支える日本の支援、中国との競争でますますやめられず - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
テキサス銃撃を「テロ」と認めた米当局──日本も無縁でない「身内のテロ」 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
なぜドイツ軍の精鋭部隊は「ネオナチ」の温床になったのか?─「Xデーは9月」 | 極右主義者が予測
COURRiER Japon
中国はなぜいま少数民族の弾圧を加速させるか──ウイグル強制収容所を法的に認めた意味 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
世界が直面する核の危機──印パ和平を阻む宗教ナショナリズムとは - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
シリアIS占領地消滅でアルカイダは復活するか──3つの不吉な予兆 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
IS「シリア帰り」に厳戒態勢の中国・新疆ウイグル自治区──テロ対策のもとの「監獄国家」 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
「反ファシズム」左派運動をテロ組織に指定へ トランプ氏が主張
AFPBB News オススメ