カリスマ投資家が「ナンピン買い」する地味株
東洋経済オンライン
2018.08.31 08:00
トルコリラ急落には揺さぶられたものの、日本株は9月に向けて遅まきながらも反発ムードも漂ってきた。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏は8月中下旬の相場をどう乗り切っていたのだろうか。どうやら、結果として高値づかみしていた株の「ナンピン買い」をしつつ、次のチャンスをうかがっているようだ。いつものように「株日記」で見てみよう。

■「QBハウス」の株は絶好調!

【8月13日 月曜日】先週末の日経22…

あわせて読みたい