リラ急落で中国に急接近するトルコ──「制裁を受ける反米国家連合」は生まれるか - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
2018.08.24 15:03
<トランプに関税引き上げや経済制裁でいじめられている大国同士、中国、トルコ、イラン、ロシアなどが反米で手を組んだらどうなる?>



・トルコ・リラ急落の直接のきっかけは、アメリカがトルコ製品に対する関税を引き上げたことにある

・リラ急落後、トルコ政府は中国に協力を呼びかけている

・当の中国は、アメリカとの貿易戦争の行方をにらみながら、トルコとの関係強化に進むかを判断するとみられる


アメリ…

あわせて読みたい

トルコ危機は国際金融危機に発展するのか
東洋経済オンライン
トルコ通貨リラ急落を招いた、トランプの関税引き上げ「攻撃」
Newsweek
日本が無視できない、トルコショックが世界に波及する可能性 - グレン・カール CIAが視る世界
Newsweek
米トルコ間の大人のケンカが市場の危機に
Newsweek
中国はなぜいま少数民族の弾圧を加速させるか──ウイグル強制収容所を法的に認めた意味 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
サウジ人記者殺害事件が単純に「報道の自由をめぐる問題」ではない3つのポイント - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
危険度を増す「米中ロ」の勢力圏争い──21世紀版グレートゲームの構図 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
トルコ通貨危機の深刻さをエルドアンは認識せよ
Wedge[国際]
風雲急!米主導の反イラン連合にロシアが対抗
Newsweek
米中貿易戦争が示すアメリカの黄昏 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
「習近平はトランプの再選を恐れていない」超タカ派のジョン・ボルトン、米中対立を語る | ネオコンが中国の脅威に警鐘を鳴らす
COURRiER Japon
日本とドイツが民主主義の防波堤に? 欧州右傾化にバノンが参戦 - 河東哲夫 外交官の万華鏡
Newsweek
有志連合の結成に「時間が必要」なのは、支持しているのは韓国ぐらいだから
Newsweek
中国・ロシアが退潮する世界で、際立つ日米協調「G1.5」の存在感 - 河東哲夫 外交官の万華鏡
Newsweek