Icon loading md
7060453 full af0ef43b 5f5e 4546 8443 76baff65cdd4
トレーニングで賢く筋肉をつける!スティックプロテインが一流アスリートに選ばれる理由
「アミノバイタル」アミノプロテイン
2018.09.02 12:00
スティックプロテインで、賢く筋肉を。
仕事帰りや週末、ジム通いやランニングを習慣にすることが当たり前になりつつある今日この頃。トレーニングの時間は、忙しい日々のなかで自分自身と向き合える貴重な時間。トレーニングの成果が徐々に現れ、日に日に引き締まるカラダを見るとより一層やる気になり、「より上を目指したい!」という思いにかられるはず。そんなカラダづくりの楽しさに目覚め、トレーニングでより効率よくビルドアップしたい人におすすめなのが、「アミノバイタル® アミノプロテイン」です。プロテインというと、牛乳などに溶かしてシェイカーを使って飲むというイメージがありますが、スティックタイプの「アミノバイタル® アミノプロテイン」は、水と一緒に直飲みできるのでとっても手軽。さらに低カロリーとあって、男性はもちろん、女性にとっても魅力的です。それでは、「理想のカラダを目指したい!」という人に向けて、おすすめポイントをご紹介します!
スティックプロテインがトップアスリートから支持される3つの理由
7060433 qeuuqbtd full 86699e65 0394 4a9f 89b4 02db0aa6e156
競泳選手やプロサッカー選手をはじめ、数々のトップアスリートから信頼される「アミノバイタル®」から、本気で理想のカラダを目指す人のことを考え誕生したのが「アミノバイタル® アミノプロテイン」。なぜ、ストイックにカラダを鍛える人から熱く支持され続けるのか、その理由を3つご紹介します。
【理由1】本格プロテインなのに超コンパクト!
アミノプロテインは、1本約4gと超コンパクト。持ち運びに便利で、いつでもどこでも気軽に飲めるのが魅力です。しかも、必須アミノ酸とホエイプロテインを独自配合しているため、少量にも関わらず通常のプロテイン摂取に引けを取りません。必須アミノ酸は筋肉の材料となり、たんぱく質の構成成分。でも、この成分は体内でつくることはできません。トレーニングで賢く筋肉をつけるためにも「アミノバイタル® アミノプロテイン」で積極的に摂取したいものです。
【理由2】1本約4gでお腹にたまらない!
1本約4gと少量なので、お腹にたまらないのも魅力の1つ。その分、大切な食事をしっかりと摂ることができ、また寝る前に飲んでもカラダの負担になりにくいのが特長です。また、「アミノバイタル® アミノプロテイン」は、牛乳などに溶かさず水だけで飲めるので、余分な脂肪分やカロリーを摂らずに済みます。「筋肉はつけたいけど、脂肪は極力つけたくない」という、ストイックにカラダのことを考えている人はもちろん、つい甘いものと一緒にプロテインを飲んでしまう女性にもおすすめです。
【理由3】シェイカー不要ですぐ飲める!
通常のプロテインは、牛乳などに溶かしてシェイカーでよく振って飲む必要がありますが、 「アミノバイタル® アミノプロテイン」はシェイカーを使わずにそのまま飲むことができます。シェイカーを持ち歩いたり、シェイカーを洗う手間が省けるので、忙しく働く方にも最適。会社帰りやランニング後などいつでもどこでも気軽に飲むことができ、プロテイン摂取のタイミングを逃す心配もありません。
忙しい日々でも手軽に賢く摂れるのが、スティックプロテイン!
トレーニングで賢く筋肉をつけたい!という人にこそおすすめの「アミノバイタル® アミノプロテイン」。トレーニングの後のわずかな時間にも気軽に摂れるので、ぜひ習慣にしてみてはいかがでしょう? 理想のカラダをつくるための必須アイテムとして、とりいれてみてください。



■ アミノバイタル®アミノプロテイン
7060433 jtdzqjgy full f35eacf5 9a9d 4978 92df fc8d442b1e0f
上から:カシス味・レモン味・バニラ味・チョコレート味
【スティック1本(4.3g)あたりの栄養成分】(バニラ味のみ1本 4.4g)

<レモン味・カシス味>
エネルギー:16.8kcal/たんぱく質:4.0g/食塩相当量:0.01g/炭水化物0.1~0.4g/脂質:0g
遊離必須アミノ酸:3.3g

<バニラ味>
エネルギー:17.9kcal/たんぱく質:4.0g/食塩相当量:0.01g/炭水化物0.2~0.5g/脂質:0.10g
遊離必須アミノ酸:3.3g

<チョコレート味>
エネルギー:17.5kcal/たんぱく質:4.0g/食塩相当量:0.01g/炭水化物0.2~0.4g/脂質:0.10g
遊離必須アミノ酸:3.3g
[STAFF]photo:Yozo Yoshino/Text:Miho Kawabata